割烹「銀座とよだ」で昼の5000円の懐石コース

2015年1月昼、「銀座とよだ」に行ってきました。
ミシュラン2つ星を獲得した銀座の懐石料理屋です。

お店は、銀座駅より徒歩4,5分の雑居ビルの2階になります。
それほど綺麗でもない雑居ビルの2階にある入口は意外とこじんまりとした狭い入り口です。
しかし、一歩中に足を踏み入れれば、綺麗に整った空間が広がります。

調理場を囲むL字カウンターと、テーブルの席が用意されています。
今回は複数人で予約して行きましたのでテーブル席でしたが、
お一人様でカウンターに陣取っている方も結構いらっしゃいました。

まずはドリンクメニューが出てきます。
ドリンク類は、それなりのお値段がしますね。一番安いソフトドリンクでも700円以上します。

私はアルコール類は一切嗜まないので、生姜ジュースを注文しました。
やさしいはちみつ水に生姜のスライスを沈めてあり、ほのかに生姜が香ります。
正直かなり美味しい飲み物でしたが、量の割に値段はかなり割高です。
消費税・サービス料込みで950円でした。

昼5000円の懐石コース 5940円 3.9

お昼のメニューは、懐石コースの、5000円、7000円、10000円の3コースです。
今回は一番リーズナブルな5000円の懐石コースにしました。
サービス料10%と消費税がかかるので、実際は5940円です。

はじめての来店なので、一番下のコースで様子見です。

まずは先付の牡蠣の蕪蒸しです。
人参の入った蕪蒸しの中心には、味を付けて片栗粉で揚げた様な牡蠣が2つ入っていました。

かかっている餡は京料理らしく割りと薄味ですが、京風にしては割と味があります。
牡蠣には割とはっきりとした味がついていました。
京風懐石でもこの位味がある方が個人的には好きですね。

蕪蒸しはふわっとした感じよりも、蕪の繊維のシャキッとした感じが出ていました。
卵白などをガッツリ使ってふわっと仕上げたタイプの蕪蒸しが好きですが、
蕪らしさを最大限残したシャキシャキタイプも悪く無いですね。

わさびを溶いて食べると絶品絶品!

次にお椀の、松葉ガニの真薯です。
「松葉蟹のしんじょ」ですが、ほぐしたカニ身が入っている真薯で大部分はすり身でしょう。
値段が値段なので当たり前ですが、カニ身は飾り程度で、あまり蟹っぽい味はしません。
ただ、もっちりプリンと繊細な仕上がりで美味いです。

味付けは、京料理らしい薄塩の出汁で、非常にお上品です。
こちらのお店は京料理にしては割とはっきりした味付けですが、
こちらは薄味で一番優しい味付けでした。

次にお造りが出てきました。甘エビ、イカ、ヒラメの3種類です。
甘エビとヒラメも素晴らしく瑞々しくハリがあり、非常に質の良い刺身でしたが、
何といってもイカが美味かった。

端に切れ目を入れて巻いてある見た目も美しいですが、味がまた素晴らしい。
イカの歯ごたえはあるのに簡単に噛み切れるほど柔らかく、驚きの甘さでした。

次に焼物です。この日は鰆でした。
こちらのサワラの身は脂が乗っていて素晴らしかったですね。
今まで食べてきたサワラで一番脂がのっていたかもしれません。

身は柔らかくふっくらで、脂もすばらしく、非常に上質な鰆でした。
味付けも、京風の焼物だと薄塩すぎることもありますが、
こちらは比較的しっかり塩がふられていて良い塩梅でした。
薄味もいいですが、個人的には焼物はこのくらいしっかり味がしたほうが好きです。

次に煮物です。この日はレンコン餅と野菜類を煮たものでした。
にんじん、里芋、コンニャク、しいたけが軟らかく炊かれていて、
中心にはモチっとしたレンコン餅が鎮座しています。

味付けは、かなり出汁を感じる醤油味ですが、薄味ではなく、
京風懐石にしては、よく味のする感じです。
素材を感じる薄味もいいですが、個人的にはこのくらい味のするほうが好みですね。

御飯は、せりとジャコの炊き込みご飯でした。
少し固めのご飯の炊き加減も絶妙でしたが、なんといっても味付けが素晴らしい。
ジャコに加えて山椒の実もたっぷりで、ちりめん山椒で味付けした炊き込みご飯のようです。

決して豪華ではないシンプルな具材でありながら、素晴らしく美味しい一品でした。

ご飯には、赤だしの味噌汁と、漬物が付いてきます。
赤だしはキリッとした赤だしらしい赤だし、漬物は優しい味付けで、それぞれ素晴らしいです。

最後にデザートが出てきました。茶饅頭です。

別に可もなく不可もなくのちいさなまんじゅうです。
モッチリもフカフカもしていない普通のまんじゅうでした。
あんこは滑らかで甘さ控えめで良い感じです。

これは正直ちょっとショボイですね。
最後の甘味はもう少し凝ったものがほしいところですね。

統括すると、6000円程度でこれだけの懐石が食べられれば、まずまずだと思います。
銀座という場所を考えれば、なかなかリーズナブルとさえ言えるでしょう。
一番安いコースのため、豪華絢爛な食材ではありませんが、刺身や鰆など素材の良さを感じます。

驚かされるような皿はないものの、調理や盛りも丁寧で、王道の味付けで素晴らしいです。
京風懐石にしては比較的しっかりとした味付けで、薄味が苦手な人にもオススメできます。
素材を楽しむ超薄味も好きですが、個人的にはこのくらい味がするほうが好きですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都中央区の人気記事

コメントを残す