寿々屋@池袋で「ロースかつ定食上」と「ひれかつ定食」

2015年1月夜、池袋のとんかつ屋「寿々屋」に行ってきました。

お店は池袋駅の西口や北口から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は無さそうです。

日曜日18時前に伺い、ぎりぎりで並ばずに入れましたが、
18時半ごろに店を出るころには少し列ができていました。

店内はカウンター席とテーブル席があります。

ロースかつ定食 上 1900円 3.7

私は、初めてのトンカツ屋ではロースカツを注文することにしています。
寿々屋には、ロースかつ定食1566円(160g)とロースかつ定食上1900円(200g)があります。

単純にグラム数だけではなく、ロースの部位も違うとのことでした。
こういった場合、間違いなく上位のほうを頼むべきなのは当然です。
肉のグレードが分かれたロースカツは、上位のものがリブロースなことが多いですからね。
ということで迷わず、ロースかつ定食上を注文しました。

10分少々で出てきたロースカツは、見た目は結構色が濃く、一瞬焦げてね?と感じました。
ただ、実際食べてみるとそんなことはありませんでした。
衣は薄めで、それほど特筆すべきものはないですが、普通にサクサクしていて悪くないです。

定食ですので、漬物、大盛り目なご飯、ほうれん草と豚肉の入った味噌汁が出ます。
トン汁ではなく、豚肉が入った味噌汁です。出汁は煮干昆布系の普通の味噌汁でした。
これは新しい感じでなかなかうまかったです。

肝心のお肉は、やはりリブロース系の脂身比率は多くないけどジューシーで柔らかいお肉です。

厚みは十分ですが、分厚いというほどでもなく、低温揚げでもないようですので、
お肉は中心までしっかり火が通って色が白く変わっています。

しかし、揚げ過ぎにはなっておらず、ちょうど火が通りきった直後といった感じの、
実によい感じの揚げあがりです。
パサツキとは無縁のジューシーなお肉で、簡単に噛み切れます。

端のほうは少し肉質の違う、脂身大目のこってりしたお肉でした。
しかし、これがまたうまい。

ソースでもうまいですが、十分塩でいただけるレベルのクオリティでした。
池袋で人気店になるのがわかるレベルの美味しいトンカツ屋です。

地域一番店といったすばらしい美味しさではありますが、
成蔵などの全国トップクラスの超一流店レベルまではいっていないかな。

ひれかつ定食 1900円 3.3

こちらは同行者の注文した、ひれかつ定食です。
もちろんこちらにも、ご飯、味噌汁、漬物がつきます。

ヒレカツは4つの塊を半分に切ったものが、合計で8切れ乗っています。
こちらもなかなかのボリュームです。上ロースと同じくらいの量でしょうか。

ヒレカツは中心がほんのりピンク色の良い揚げ具合です。
一切れもらって食べてみましたが、簡単に噛み切れるほど柔らかく、悪くないヒレカツです。

ただ、少しジューシーさに欠ける気がします。
揚げ加減は最高でパサついてはいませんが、それでも若干パサツキの片鱗が見られました。

悪くはなく、普通に美味しいヒレカツではあるのですが、
よほど脂身やロースが嫌いな方以外は、上ロースを選んだほうが良いような気がします。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す