美登利総本店 梅丘本館の寿司のコスパと質が凄すぎる

2014年10月30日夜、東京梅ヶ丘にある、美登利総本店梅ヶ丘本館へ行ってきました。

リースナブルな料金で、そこそこクオリティの高い寿司が食べられるお店です。

同じ美登利の池袋の立ち食い寿司が激安で旨いと聞いたので行ったら、
確かに異常に安いものの、ネタが切られた状態で保管されており乾いていました。

こちらは座って食べるお店なので、おねだんは立ち食いよりは高いですが、
それでもなおリーズナブルなお値段で、かつ室の高いものがいただけます。

梅ヶ丘駅から徒歩2分ほどの距離にあります。

駐車場はないので近くのコインパーキングに停めます。

17時半ごろ伺いましたが、すでに満席で、10組以上の待ちがありました。

店頭の端末で人数等を入力すると、整理券が出てきます。

店の周りにグルッとあるベンチに腰掛けて待っていると、番号で呼ばれます。

超特選にぎり 2000円 4.0

セットの他に、好きなモノを握ってもらうこともできますが、今回は超特選にぎりを注文。

まずは、ミニかにみそサラダが出てきます。
レタスに蟹味噌とカニの身、とびっこがかかったサラダです。

これは非常に美味しいですわ。蟹味噌と身の旨味で味わうレタスは最高!
最高に贅沢なドレッシングです。とびっこのプチプチ感も良いアクセント。

続いて茶碗蒸しが登場。
それほど具だくさんでもありませんが、しっかりダシの味がして、ふるふるした食感でうまい。

その他、しじみの味噌汁もでましたが写真撮り忘れました。

そしていよいよ、お寿司が登場です。
光の加減で写真が汚いですが、実際はつややかで美しいお姿です。

この内容をバラで頼むと、軽く2000円を超えます。
サラダや茶碗蒸しや味噌汁が付くことを考えると、セットのほうがお得ですね。

左奥から、
中トロ、鯛、中トロっぽいの、ホタテ、
ずわいガニ、卵、いくら、
うに、生エビ、
穴子一本握り、ねぎトロ手巻き、
です。

どのネタも甲乙つけがたいですが、個人的にはウニとカニが特に印象に残りました。
ウニは100円寿司の腐ったような物体とは別次元で臭みが全くありません。
生ズワイガニがとろけるような美味しさでした。

どのネタも本当に素晴らしくおいしいです。
これよりはるかに高いお金を出せば、もっと良い物を食べられるでしょう。
しかし、この値段でこの質のものを食べられるのはすごい。

この内容だとスーパーのパック寿司では900円位でしょうか?
2倍出してこちらを食べられるなら、こちら以外の選択肢はないです。

セットだけでは腹八分目だったので、お好みでいくつか追加注文しました。

こちらは光の加減で更にひどい写真ですが、実物はほんとうに美しいです。

左上から、
いわし、あじ、さんま、
赤身、大トロ、
です。

光物はどれも美味しいけど、やわい「いわし」、
歯ごたえがプリッとしているけど若干噛み切れにくい「あじ」、
プリッとした身だけど簡単に噛み切れる「さんま」と三者三様。

やはり秋の今は、うまみのある脂ののったさんまが最高でした。

まぐろは、赤身は味があって美味しかったです。
大トロは脂分が多すぎて個人的にはいまいち。あくまで個人的な好みで、素晴らしい大トロでしたが。
セットに入ってた中トロのほうが美味しかったなあ。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す