SATOぶりあん にごう@阿佐ヶ谷で特撰サトーのおまかせ7000円コース

2015年4月夜、阿佐ヶ谷の「SATOぶりあん にごう」に行ってきました。

本店のSATOぶりあんも、同じ阿佐ヶ谷駅近くにあります。
予約の取りにくいお店で、今回は1ヶ月少々前に予約をとって行ってきました。

お店は阿佐ヶ谷駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場はなさそうですね。

内外装は、それほど高級店という感じではなく、商店街のボロ屋を改装したような感じです。

特撰サトーのおまかせ7000円コース 7560円 3.4

アラカルトでもいいのですが、いろいろな部位を頂きたいので7650円のコースを注文しました。
ちなみに5人で伺いましたので、写真のお肉は5人前です。

はじめに出てくるのは、白菜キムチとカクテキです。
普通に美味しい焼肉屋産のキムチといった感じでしょうか。

次に、九州和牛のビーフシチューが出てきました。
お肉も野菜も柔らかく煮込まれていて、とても美味しいです。
とろっとしていて、甘みと、肉の旨味がしっかり出ている、好みのタイプのビーフシチューでした。

次に白ゴマと海苔のサラダです。
韓国海苔が乗った、塩ごま油の一般的なサラダで、まあ普通に美味しい感じです。

いよいよお肉が登場!はじめは九州和牛特上タンです。見たこと無いようなすごい厚さです。

お肉は全て店員さんが焼いてきれました。ミディアムな感じで良い仕上がりです。
柔らか~く一噛みで簡単に噛み切れるほどは柔らかくないですが、柔らかいですよ。
柔らかくタンらしい歯ごたえもあり美味いですが、牛たん焼き屋の最高級牛たんには及ばないか。

とにかく厚さが素晴らしかったです。

次にイチボです。赤身肉ですが適度に霜も入って綺麗ですね。
薄切りではありますが、それでもそこそこ厚みがあります。

焼き上がりがこちら。
上質な赤身らしく、柔らかく、肉らしい舌触りなのに、変に脂ぎっていないのが良いです。
最近、霜降りギトギト肉より、脂身に頼らないでも柔らかい良い赤身肉が好きです。

続いて九州和牛厚切りハラミです。これまた厚いですね。

焼き上がりがこちら。まあ、普通のハラミを厚切りにした感じです。
あまり最上級感は感じなかったです。普通に美味しい焼肉屋さんのハラミだな程度。

簡単に噛み切れるほどではないですが、まあ柔らかいです。
全く気なるほどではなりませんが、微かにハラミっぽい臭み一歩手前の風味がありますね。

ここで箸休め登場! 塩ごま油ニンニク味のキュウリです。こりゃ美味い。

同じく箸休めのトマトです。これでお口サッパリ!!

次が、上カルビです。これは本当に薄切りですね。

焼き上がりがこちら。とても柔らかく脂ギトギトの、まさに上カルビといった感じのお肉です。
こういうお肉はもう少しリーズナブルな焼肉屋で、ご飯で食べたいなあ。
こういう肉を楽しむ、ある程度のお値段の焼肉屋では、上質な赤身肉を頂きたいです。

次はヒレスキです。これも分厚くて良い!
プルンプルンの濃厚な黄身も出てきました。

ネギの入ったすき焼き割り下が小鍋で暖められ、これに浸しながらお肉を焼いてくれます。

焼き上がったら、解いた黄身に入れてくれます。
上質な赤身肉で柔らかくて美味い。今回このヒレが一番美味しかったかも。

すき焼き風で美味しいのですが、良い赤身肉は普通に頂きたかったなあ。
すき焼き風で食べるなら、薄切りの霜降り肉のほうが好みだなあ。

次が、リブ芯です。薄切りの霜降り肉です。

焼き上がりはこんな感じ。
霜降り肉ですが、上カルビのように脂身噛んでいるみたいなトロトロの歯触りではなく、
しっかり肉食べている感じの舌触りです。

また、脂も適度で良い感じです。

そしていよいよ真打ちシャトーブリアンの登場です。なんという厚さ!!
しかし、思ったよりも脂身の入ったお肉ですね。
シャトーブリアンといえば、ヒレの中のヒレで最上級の赤身肉というイメージが有りますが。

シャトーブリアンは、ご飯に乗せてブリ飯にしてくれます。
小鍋で熱したバター入りにんにく醤油を絡めながら仕上げていきます。

焼かれるシャトーブリアン達。

で、ご飯に乗っかって、こんなかんじで出てきます。
にんにくバター醤油で味は悪く無いです。

肝心のお肉ですが、美味いには美味いんですが、あらこんなものかなというのが第一印象。
良い赤身肉で、レア寄りの焼き加減で良い仕上がりのはずですが、なんか普通。

以前食べたシャトーブリアンは、赤身の舌触りなのに、溶けるように柔らかく感動したのですが、
このシャトーブリアンは美味しいとは思いましたが、感動とは程遠いものでした。

ふわっと溶けるような柔らかさがなく、
なんか、レア仕上げの、そこそこ良いヒレステーキを食べているような感じでした。

すごく柔らかいんですが、それでも歯を押し戻す弾性は僅かにある感じでした。

そして、ミニ冷麺で締めです。
美味しい冷麺ですが、特筆すべきほどではないかな。

デザートは季節のアイスです。出てきたのは桃のジェラートのような感じでした。
濃厚でありながらさっぱりで美味しかったです。

以上、7650円のコースでした。これに各々ドリンクを2,3杯飲んで、一人頭9000円ほどでした。

全て店員さんが焼いてくれるスタイルのコース形式の焼肉としては妥当なお値段ですが、
肝心の肉のレベルが値段なりの価値があったかどうかは微妙なところです。

どれも美味いは美味いんですが、1万円近い焼肉だと、もっと上質なものを期待してしまいます。
それは贅沢すぎってものですかねえ・・・

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都の人気記事

コメントを残す