いつ樹@青梅市で濃厚海老つけ麺&鯛塩らーめん

2014年8月夜、青梅市にある人気のラーメン屋「いつ樹」に行きました。

お店はカラオケやゲームセンターが入っている建物の1階の端にあります。

駐車場は建物横のカラオケゲームセンターのものを使っていい様です。

ドアはなんとなく入りにくい雰囲気ですが、迷わずGO!
入り口左手の券売機で食券を購入します。
外に人が並んでいるん場合は、食券を購入後外に並ぶようです。

濃厚海老つけ麺 750円 3.6

鯛塩ラーメンと濃厚海老つけ麺の2枚看板のようですが、今回は濃厚海老つけ麺をチョイス。

出てくるまで割と時間がかかりました。
見た目に濃厚そうな海老出汁のつけ汁に、麺はつけ麺らしい太麺がたっぷり。

とにかくものすごい海老感のあるつけダレのつけ麺でした。

香ばしくローストした海老を丸ごと長時間煮込んで、殻ごと裏ごししたようなスープです。
溶けきれていない海老の身や微細な殻の破片の食感があります。
まさに海老丸ごとという感じ。

海老感が強くてわかりませんが動物系のスープと合わせているのでしょうか。

とにかく海老感を感じたい方にはお勧め。
ただ、絶賛する人がいればしない人もいると思う。

海老感はすごいものの、万人受けするすごくおいしいつけ麺かというと若干違う気が。
もちろん自分は、ものすごくおいしいと感じましたが、
強烈な海老感の衝撃で評価が甘くなっている感はあります。

具は一般的なシャーシューとブロック状の巨大なメンマ。
濃いどろどろのつけダレの中で塊のメンマの甘さが際立つ。

メニューです。クリックで拡大します。


2014年10月夜に青梅の「いつ樹」再訪問しました。

鯛塩らーめん 750円 3.6

今回は鯛塩ラーメンです。
鯛で出汁をとった塩ラーメンというと、淡麗系の澄んだあっさりスープのラーメンを思い浮かべます。きれいな透明のスープにほのかな塩の旨味、このクセの全くない淡白な出汁は何かなと思ったら、鯛のあらでしたという感じです。

個人的にはこういうイメージだったのですが、出てきたものは様子が違います。
濁っていて結構濃厚そうです。

スープを一口。おお、濃厚で香ばしい!上のような想像とは全く異なる系統です。

なんというか鯛のあらでとった優しい出汁という感じではなく、
香ばしく丸焼きにした鯛をまるごと煮て溶かしたかのような、
香ばしくて魚の濃い旨味がガツンと来る感じでした。

具は、柔らかいチャーシューと、玉ネギ、青ネギ、海苔、でっかい塊のメンマです。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す