鬼平の羊羹本舗@日光で水羊羹を買ってきました

2015年12月昼、日光の「鬼平の羊羹本舗」に行ってきました。

お店は、東武日光駅から徒歩15分ほどの立地です。
駐車場は、道路を挟んだ斜め向かい側にあります。

メニューはこんな感じです。他にもいろいろ菓子類があります。クリックで拡大します。

水ようかん 5入 650円 3.4

湯葉と並ぶ日光の名物になっているのが羊羹で、周辺に幾つかのお店があります。
普通の羊羹もありますが、やはり水羊羹が押しでしょうね。
賞味期限短めなのがお土産として少々困りますが。

以前、三ツ山羊羹本舗補蛇洛本舗 本店で水羊羹を食べたことがあったので、
今回はこちら鬼平の羊羹本舗と、吉田屋羊羹本舗で購入してみました。

今回購入したのは水羊羹の一番小さな5個入りです。
このような塊で5切れに切れているのはどの羊羹屋も同じですね。
1切れの大きさもどのお店もほぼ同じようです。値段も似ています。

写真が一切れですね。なかなかのボリュームですが、サラッと食べられてしまいます。

肝心のお味ですが、見た目こそ似ているものの、味にはかなり店舗ごとの個性があります。

鬼平は、寒天と水分が多めで瑞々しいというよりは、どちらかというと水分含有率低めで、小豆のざらざらした舌触りが結構感じられますね。
もちろん水羊羹ですので普通の羊羹よりは柔らかく滑らかなんですが、他のお店の水羊羹よりも豆の舌触りを感じます。

そして甘さはかなり控えめ。ほんのり微かな甘味で豆の風味を味わうお菓子という感じです。
甘さ控えめの中でもかなり控えめなので、もしらしたら好き嫌いが分かれるかもしれません。
ほんのりという言葉がピッタリの甘味です。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

栃木県日光市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す