浅草のドジョウ料理屋「駒形どぜう 本店」で「どぜうなべ」

2016年3月夜、浅草のドジョウ料理屋「駒形どぜう 本店」に行ってきました。

お店は、浅草駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口で靴を靴箱に仕舞ってもらい木札を受け取ります。
そして座席に案内されますが、1階の江戸時代の形の入れ込み座敷でした。
テーブル席もありますが、やはり1階の入れ込み座敷が雰囲気があります。
座卓なども無く板の上に料理を並べる独特な形式ですね。少々食べにくいが風情を感じる。

どぜうなべ 1890円 3.8

メニューも酒も色々あり皆さん仕事帰りの飲みが多いようでしたが、私はどぜうなべ一択!

鉄鍋にドジョウ10尾程度が並べられ、割り下に浸っています。
固形燃料などではなく炭が焚べられているのが良いですね!

ここにネギを乗っけてしばし煮込みます。割り下を注ぎ足すのも忘れないで!
ドジョウには予め火が通っているので、ネギがしんなりしたら食べられるようです。
追加でささがきゴボウなども追加できるようですね。頼めばよかったかな。絶対美味いわ。

山椒と七味も好みでかけていただきます。

一般的な砂糖・酒・醤油・味醂系の割り下はかなり甘めで、山椒の香りとの組み合わせが最高!
ドジョウは身がフワッフワで臭みは微塵も無し。
ゲテモノっぽいイメージが有る淡水魚からは創造もできない超上品な身です。

これは美味いですね。鰻にも劣らない素晴らしい美味さです。
伝統のどじょう料理ということで、味にはそれほど期待していませんでしたが、ここまで美味いとは意外でした。創造以上に美味くてビックリ!

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都台東区の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す