「上野藪そば」で蕎麦「せいろう」

2016年3月午後、上野の蕎麦屋「上野藪そば」に行ってきました。

お店は、上野駅から徒歩3分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

せいろう 771円 3.4

冷たい蕎麦から温かい蕎麦まで色々ありますが、取り敢えずは普通のせいろでしょう。
深めのせいろに入っていますが、蕎麦の量は一般的な盛り蕎麦といった感じです。

ネギとワサビの薬味が付きます。奥の鉄瓶には蕎麦湯が入っています。

肝心の蕎麦は、細かく挽かれた蕎麦粉の滑らかな舌触りで、コシもしっかりして美味いです。
モチッコリッとしっかりしたコシも良いですが、何より蕎麦の香りが結構感じられるのが良い!

最近都内の老舗蕎麦屋で蕎麦を食べることが多いのですが、どこも細かく滑らかに挽いて上品な蕎麦ですが、それとは裏腹に香りが結構しっかりしているところが多いですね。

個人的には少し田舎蕎麦風の荒く挽いたザラッとした分かり易く蕎麦らしい蕎麦が好きですが、江戸の名店の滑らかでありながらしっかりした蕎麦も良いですね。

ちなみに辛汁は、出汁もカエシも結構主張するタイプです。醤油の塩分やコクも濃く、カツオなどの出汁も濃い目です。蕎麦の香りを活かそうと遠慮するようなことも無く、辛汁が主役だとばかりに前面に出ます。それでも蕎麦の香りが負けてないのは良いですね。

蕎麦湯は薄く白く濁ったもので、サラッとしたものでしたが、しっかり蕎麦の風味があります。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都台東区の人気記事

コメントを残す