予約困難な湯島の割烹「くろぎ」でランチの鯛茶漬け

2016年6月昼、湯島の割烹「くろぎ」に行ってきました。

お店は、湯島駅から徒歩2分、御徒町駅から徒歩6分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

ランチ 鯛茶漬け 1000円 3.8

ランチにはお得な鯛茶漬けがあり、なんと1000円ポッキリで楽しめてしまうのです。
その分競争も激しく、毎月頭に翌月の予約受付が始まると電話がなかなか繋がらないほどです。
毎日11:30からの部と12:30からの部それぞれ10組限定なので、なかなか予約が取れません。
今回は運良く予約が取れた方からお誘いいただき伺ってきました。

特に注文を聞かれることもなく、席につくとすぐに鯛茶漬けが出てきました。
鯛の刺身を胡麻味噌で和えたもの、ご飯、味噌汁、卵焼き、おからの和物、ホタテの佃煮が付きます。

鯛の刺身は5切れ程度です。胡麻ダレで和えられていて、このままご飯で頂きます。
塩気はこのまま食べて調度良いくらいで、お茶漬けにすると薄めですね。
ワサビも添えられていて、味に変化をつけることができます。

ご飯はおかわり自由です。まあ、値段が値段なので鯛の刺身自体がそれほど多くないので、1杯だけおかわりしました。
ちなみにご飯は、米自体は特別という感じはないですが、固めに炊かれていてなかなかよい感じです。
この手のお茶漬けは、大半はお茶をかけずに刺身の状態で頂いたほうが美味しいですね。

最後にお茶をかけてみる。元々ゴマ味噌の味が比較的優しいので、ちょっと味が足りない感じ。
鯛自体は表面に少しお茶で熱が入り、また違った感じで良いです。
これはこれで良いけど、やはりそのまま食べたほうが美味しいかな。
ひつまぶしとかでもそうだけど、お茶漬けは後半味を変えるためのものであって、メインじゃないですね。

味噌汁はしっかり出汁と玉葱の甘味が出ている感じで、非常に美味しかったです。
上のおからの和物も甘めの味付けで良いです。

卵焼きは結構なサイズのものが2切れ。味付けは結構な薄味です。

こちらは帆立っぽい貝柱を甘辛く煮付けたもので佃煮風のものですが、ものすごくしょっぱい感じではありません。御飯のおかずには調度良い!

全て食べ終わると御膳を下げてもらって、デザートにアイスクリームが出てきました。
塩アイスにきな粉がかかったもので、塩アイスが結構な塩気があって、甘みと塩気のハーモニーで素晴らしく美味しかった!
正直このアイスが一番美味かったのは秘密です。

アイスとともに煎茶も出てきます。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都台東区の人気記事

コメントを残す