鰻専門店 愛川@高田馬場で関西風の地焼き「鰻重 菊」

2016年3月昼、高田馬場の「鰻専門店 愛川」に行ってきました。

お店は、高田馬場駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

土曜日の開店と同時に伺いましたが、お客さんも少なくすぐ入れました。
が、12時を過ぎた頃から混みだして、外で待っている人も結構いました。

鰻重 菊 3100円 + 堅焼き100円 3.5

鰻重は、竹、梅、菊とあり、それぞれ鰻の量が違うとのことでした。あまり値段も変わらないので菊を注文。菊でちょうど標準的なサイズの鰻一尾分くらいでしたね。
さらには、葵(1.5尾)、鶴(二段)、亀(二段)とあります。

お重の大きさは標準的なサイズです。
漬物、肝吸い、小さな小さな小鉢が付きます。

お重をオープン!お、香ばしそうに焼かれているじゃないですか。
こちらの店は標準では関東風の蒸しの入った鰻ですが、100円プラスで関西風の蒸さない堅焼きに出来るのです。
どちらも捨てがたいですが、関東ではなかなか関西焼きのお店がなく、せっかくなので堅焼きにしました。

蒸し無しの堅焼きにしたので、さすがに身のフワッとトロッと感は無いですが、それでも柔らかく脂ののりもなかなかです。
関東風の申し訳程度に表面に付いた焦げ目とは違って、しっかり焼き目が付いていますね。
表面がパリッと焼かれていて、これぞ関西風の焼きだなあという感じです。

関東風も関西風もどちらも捨てがたいですが、個人的にはどうしても比べるなら関東かなあ。
関西風のパリッとした焼きは、ひつまぶしで楽しむのが一番な気がする。
それでも関東ではなかなか珍しい関西風の焼きの鰻重を楽しめるので貴重なお店です。

湯呑みの取手?が人間??になっていてユニーク。

メニューです。クリックで拡大します。

鰻専門店 愛川 店舗情報

食べログ → 鰻専門店 愛川

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都新宿区の人気記事

コメントを残す