牛舌の店 多津よし@東池袋で上牛タンA定食

2016年7月夜、東池袋の牛タン焼き屋「牛舌の店 多津よし」に行ってきました。

お店は、東池袋駅から徒歩4分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

上牛タンA定食② 1900円 3.9

定食には、普通の牛タンのB定食と上牛タンのA定食があります。もちろん上牛タンでしょう!
更にそれぞれ①牛タン+麦めし②牛タン+麦めし+テールスープ③牛タン+麦めし+テールスープ+とろろがあります。とろろは特に要らないかなと思ったので②にしました。

たっぷりの麦めしと普通の牛タン定食よりもボリュームのあるテールスープ、そして厚切りの牛タン3枚(6切れ)が出てきました。

テールスープを付けると定食が一気に500円高くなるので何事かと思いましたが、お値段分のインパクトがありました。
普通の牛タン焼き定食に付いてくるミニスープではなくビックサイズです。さらになんと真ん中に骨が通ったテールを輪切りにした肉がそのまま入っているではありませんか。
ただ、豪快な姿とは裏腹にお味は塩気控えめなかなり優しいものです。しっかり牛の旨味を感じることが出来ますね。テールの出汁を味わえるように優しい塩分濃度なのだと思いますが、個人的にはもう少しだけ塩分濃くても良いかなと。

さて、肝心の牛たんですが、結構な厚切りのものですよ。しかも中心部は赤い状態。
厚切りだとミディアムくらいの牛タンはよくありますが、これはミディアムレアです。
切れ目が入っているからというわけではなく、もうタン自体がものすごく柔らかい!
しっかりタンのサクッとした歯応えがあるのに簡単に噛み切れてしまう素晴らしさ!

今まで柔らかハイクオリティな牛タンを食べても、少しは硬い部分が入っていたりしましたが、これは全てが柔らかいのです。最初から最後まで全てが最上級のタンです。
しかもミディアムレアに仕上げてあるため、まさ牛肉として最高の状態になっています。
味も一般的な仙台牛タン焼きの感じで美味いです。

白菜漬けは牛タンを邪魔しないように極めて薄味。まさに口直しという感じです。
南蛮味噌はカウンターの壷に入っています。

うーむ、仙台の有名店も色々食べ歩いたけど、明らかに今までで一番美味かった。
池袋でこれが味わえるとは「牛たんの店 多津よし」恐るべし!!

メニューです。クリックで拡大します。
他に店内に単品やドリンク酒類のメニューが貼ってあります。

牛舌の店 多津よし 店舗情報

食べログ → 牛舌の店 多津よし

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す