永祥生煎館@池袋で焼き小龍包と糯米シュウマイ

2016年11月夜、池袋の中華料理屋「永祥生煎館」に行ってきました。

お店は、池袋駅北口から徒歩1分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

焼き小龍包 4個 380円 3.4

点心などのテイクアウト中心のお店ですが、カウンター席が5,6席あり店内でも食べられます。
今回は店内でイートインです。店先のレジで注文してから席につきます。水はセルフサービス。

一番有名で皆さん頼んでいるのがこの焼小龍包です。
小籠包なんですが蒸した後に、窄んでいる側をバリバリに焼いてあるのです。
ハードに焼かれた窄んでいる側が下になってお皿に乗って出てきましたが、すぐにその理由がわかりました。

一つ食べてみると汁が吹き出します。いわゆるスープが飛び出る系の小籠包なんですね。
どうやって食べてもスープが激しく飛び出るので、焼かれていない側の皮をかじってスープを吸って食べるしかありません。だから焼かれていない側が上になっているんですね。

それにしても焼き餃子もそうですが、窄めていない側を焼くのがセオリーだと思うのですが、なぜ窄んでいる側を焼いてあるのでしょうか。
たぶん幾重にも皮が重なっているところを焼くことで更にバリバリ感がアップするからなのでしょう。実際かなりハードにバリバリな仕上がりで香ばしくて美味いです。

国産の豚肉を使っているそうで中のお肉も美味しく、熱々のスープとともにジューシーな餡を構成しています。それと対比したようなハードな皮とのコンビネーションが美味しいですね。

糯米シュウマイ 4個 380円 3.3

もち米シュウマイということで、普通の焼売の皮の代わりにもち米を貼り付けたアレかと思ったら違いました。肉、椎茸と共に醤油味でもち米を炊いて焼売の皮で包んであります。

味的にはチマキに焼売の皮を巻いたような感じですね。
普通に美味しいですが焼小龍包に比べるとちと地味かなあ。

何故かお皿の上にパックが乗ってシュウマイが乗っていました。
小籠包も食べたから食べきれなかった時に持って帰れるような配慮かな。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す