「とんかつ大門 檍」で上ロースかつ定食

2016年11月夜、東京都港区大門のとんかつ屋「とんかつ大門 檍」に行ってきました。

お店は、大門駅から徒歩5分、浜松町駅から徒歩7分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

上ロースかつ定食 1500円 3.7

蒲田の名店「とんかつ檍」の支店です。
ロース系統は主に、上ロースかつ定食(200グラム)1500円、特上ロースかつ定食(280グラム)2000円、リブロースかつ定食(380グラム)2800円があります。
とんかつ檍の出身という丸山吉平で食べた経験から絶対リブロースのほうが美味いことは分かっているのですが、380グラムって・・・
普段なら問題ないところですが、この日はお腹の減りがいまひとつ。上ロースにしました。

ご飯、豚汁、昆布の佃煮が付きます。お新香じゃなくて昆布の佃煮!?
豚汁は豚の出汁と脂が濃厚に出ていて美味かったです。

さてお腹の減りがいまひとつだったので200グラムの上ロースにしましたが、意外と小さいね。
まあ厚みがあるのでパッと見小さく感じますがボリューム十分です。
まあただ、普段なら280グラム位欲しいと思ったかも。

衣は低温揚げみたいな薄い色ではなく、割りとしっかり美しいきつね色です。
粗目のパン粉でサクッと揚がっていて過不足なしです。

断面はこんな感じ。レア仕上げのお店のはずですが、ほんのりピンクくらいでした。
まさに火が通りきる直前の絶妙な仕上がりで、ぶ厚いお肉なのに柔らかいです。
ただ、リブロースみたいな柔らかジューシーな蕩けるようなお肉という感じではありません。
むっちりとした肉らしい噛みごたえがあります。それでも簡単に噛み切れる柔らかさですが。
脂身はさすがに上質で、口の中で簡単に溶けていきます。

白くサラサラなモンゴルの岩塩、白く荒いペルーの岩塩、ボリビアのオレンジの岩塩、パキスタンの黒い岩塩と4種類の塩が用意されています。
どれも尖った感じがなく、優しい塩気でした。味の違いまではあまり感じませんでした。
唯一、パキスタンの塩は温泉みたいな独特の風味がありました。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都港区の人気記事

コメントを残す