すずめや@池袋で和菓子「どらやき」

2014年11月正午ごろ、池袋の「どらやき」と和菓子屋の「すずめや」に行きました。

池袋駅から徒歩4,5分の路地にお店はあります。
小さな店先で販売している、小さなお店です。
売り切れ次第終了なので、結構早く売り切れてしまうこともあるようですね。

販売されている和菓子は写真のとおりです。ディスプレイが美しく美味しそうだ。
クリックで拡大します。

どらやき 160円 3.4

こんな感じのパッケージで包まれていました。
大きさはやや小ぶりなどら焼きといった感じですが、
厚みは結構ありますね。

生地は少し歪な円で、1枚1枚手焼きであることを覗わせます。

生地はしっかりとした詰まっている感じの比較的硬めのものです。
多分これはこれで素晴らしいですが、個人的にはふわふわな方が好きかな。

やはり、あんこの美味しさが目立ちました。
甘さは控えめで、下手をすると生地の方が甘いのでは?と一瞬感じました。

甘さは控えめな分、しっかり小豆の味がします。
つぶあんのつぶもたっていて、非常にしっかりしたあんこだなと感じました。
粒がたってはいるものの、滑らかで舌触りも良い粒あんでした。

栗むしようかん 200円 3.3

どら焼きだけでは寂しいのでもう一品くらい買おうかなと、
店員の方におすすめを聞くと、今の時期の栗蒸し羊羹とのことでした。秋ですからね。
白い包み紙で包まれています。

開くと中はこんな感じ。小ぶりですが、栗がしっかり詰まっていますね。

栗比率が結構高い栗ようかんですね。
栗は砂糖で煮たりしていない、栗本来のほのかな甘さが感じられます。

小豆の部分は滑らかなこしあんを使っているものの、
寒天を使っていない?のか、ツルッとしておらずザラッとした舌触りです。
また甘さ控えめで、これまた小豆をダイレクトに味わえます。

なんだか、ザラッとして若干パサツキのある小豆だけの羊羹部分と、
たっぷりの栗の風味が重なって、小豆の風味のする芋ようかんのようでした。

寒天を使わない?ためかこしあんをそのまま押し固めたような感じで、
非常に素朴な味わいです。
どらやきといい、とにかく甘さが控え目で、
あずきの風味をより感じることができる上品なあんこです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都豊島区の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す