ふぐだし潮 八代目けいすけ@東急プラザ銀座で「ふぐだし潮らーめん」

2017年3月夜、東急プラザ銀座B2Fのラーメン屋「ふぐだし潮 八代目けいすけ」に行ってきました。

お店は、銀座駅から徒歩5分ほど、有楽町駅から徒歩5分ほどの立地の東急プラザ銀座の地下2階です。
駐車場は、無さそうです。

ふぐだし潮らーめん 1100円 3.4

入口入ってすぐ右手の券売機を見て、何がびっくりしたって、お値段が高い!
左上のボタンに1650円と書いてあって驚きましたが、一番安いラーメンは1100円でした。
それでも高いけど。

まあこの値段するということはやはり本当にフグで出汁を取っているということなのでしょう。
醤油味もありましたが、一番安いドノーマルの塩味のラーメンにしてみました。
柚子胡椒と酢橘が添えられて出てきたラーメンは、何とも変わった形状のラーメンどんぶりに入った、澄んだスープのラーメンでした。

スープはフグ出汁の澄んだアッサリスープで、まさに潮汁という感じの優しい塩味です。
結構魚介系の出汁が出ていて、一瞬練り物みたいな風味だなと感じましたが、そういえばフグの鍋の出汁てこんな風味だったっけなという気がしてきました。久しくフグなど食べていなかったのですっかりどんな味だかわからなくなってしまった。
何かとんでもなくガツンとくる出汁ではありませんが、優しい味ながらも個性的な味わいの出汁ですね。

具は大葉の上に2切れのフグと思わしき刺身と麸が乗っています。フグの身は昆布〆なので若干水分が抜けた感じですがラーメンに生の魚が乗るのが凄い。そのまま頂いても、ラーメンのスープの熱さで表面に火が通り熱変性してから頂いても良いですね。
しかし、水面に浮いている万能ネギと細かく刻まれた白菜は麺を食べるのに若干邪魔でした。

麺は少しだけ縮れた中細麺ですが、何だか妙な透明さがあります。全粒粉ぽい星も入った色白の麺で、なんだかとってもお上品な感じがあります。
米粉も入っているのかと思わせるような透明感のあるツルっとした麺で、優しい潮スープになかなか合います。

全体的にアラ炊き淡麗スープのような優しい魚の出汁で上品な麺をいただく感じで、パンチのあるラーメンではありません。繊細な感じの優しいお味のスープを頂く感じですね。
出汁は良い感じですが、ラーメンとして味に力があるかは謎です。

ふぐ茶漬け 500円 3.5

券売機のお値段にびっくりしてお茶漬けセットはやめたのですが、テーブルにふぐ茶漬けの楽しみ方の掲示があり、せっかくなので追加で頼んでみました。
合わせて1600円のラーメンですよ!

まずは焼石を店員さんが持ってきて、食べ終わったスープに投入します。
ジョワーッと一気にスープが煮立ち、温かくなりますね。

そしてフグの炊き込みご飯セットが登場!〆とは思えないくらいボリュームあります。
フグの身?が入った炊き込みご飯にアラレと刻み海苔がかかっています。

細かく切った昆布締めフグの身、柚子胡椒が添えられていて、これは自由に投入して味を整えます。あと漬物付きです。

温まったスープをラーメンどんぶりからご飯に注ぎます。あの特徴的なラーメンどんぶりは注ぎ口だったんですね。

ご飯だけで食べずにスープをかけてしまったので分かりませんが、多分炊き込みご飯にも味がついていたのでしょう。ラーメンよりも明らかに味に力が出ました。

というか、ふぐ出汁の旨味は、どう考えてもご飯のほうが合うんだよなあ。
ラーメン食べていても正直あまり満足感を感じませんでしたが、このお茶漬けと言うかふぐ雑炊は美味しくて満足感があります。
これは美味いけど、〆の方が満足度高いのはいかがなものなのだろうか。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都中央区の人気記事

コメントを残す