元祖めんたい煮こみつけ麺@南池袋でつけ麺

2017年3月夜、南池袋のラーメン屋「元祖めんたい煮こみつけ麺」に行ってきました。

お店は、池袋駅東口から徒歩2分ほどの立地です。ビルの2階で少し入口が分かりづらかった。
駐車場は、無さそうです。

食券制ではなく口頭注文の後払いですが、入口入ってすぐの所にある辛さの木札をひとつ取ってから入店します。

めんたい煮込みつけ麺 1280円 3.5

メニューは実にシンプルで、めんたい煮込みつけ麺の単品と、ご飯と漬物がセットになっためんたい煮込みつけ麺セットの2種類です。
1杯で明太子1つまるごと1つ使っているというだけあって、結構良いお値段!
ご飯が付いたセットはさらに300円高い1500円超えで、結構高いですね。

迷いましたが、終電まで30分の状態だったこともあり、今回は単品にしました。
木のお盆に乗ってやって来ましたが、つけ汁と麺が縦に並んでいる珍しい配置ですね。食べやすかったですが。

つけ汁は鉄鍋に入っていて、これで少しつけ汁が冷めるのが防げている気がしました。
つけ麺はつけ汁が冷めるのがネックですからね。

麺量は値段変わらず300グラムまで選べます。せっかくなので300グラムにしました。

つけ汁はこんな感じ。今回は中辛にしましたが、ピリッと明太子らしい辛さがあり丁度よいくらいでした。甘みもしっかり有り、甘辛という感じで実に美味い!

まずは魚粉を溶かさずにいただきましたが、本当に明太子の風味が目立つ今までに食べたことのない変わった感じのつけ汁でした。
鰹節や昆布や椎茸などで取った和の出汁に醤油ダレを合わせたベースに、トマトやタマネギなどの香味野菜や根菜類などを煮込み野菜の酸味甘味をプラスして、明太子と甘辛い明太子の汁で味をまとめた感じの、優しく繊細でありながらもパンチもある汁です。
途中で魚粉を溶くと魚介感が増し、明太子感が少しマイルドになります。

具材は、ナルト、万能ネギ、海苔とシンプル過ぎですが、汁に大量の細かく刻まれた椎茸をはじめ、トマトや根菜類などが散らされているため、満足感はあります。
なにより明太子が溶けた汁自体にパワーがありますからね。

麺は300グラムにしたのでつけ麺らしくたっぷりで満足でした。
加水率高めのツルッとして瑞々しく、冷水で締められコシのある太麺で、かなり好きです。
個人的には結構理想型のよく出来たつけ麺の太麺といった感じでした。

残ったつけ汁にも明太子がたっぷり溶けているのでもったいない。セットを頼んだ場合はここでご飯投入という流れになるのでしょうけど、単品なのでスープ割りです。ポットで出てくるので自分の好みに割ります。

割り下は、特に味のない昆布の出汁でした。こいつで割ると単純に味が薄まり、良い感じの明太魚介スープになります。最後の一滴まで余すこと無く明太子を堪能できました。
正直別にご飯はいらない気がしました。有ったら有ったで美味いのかもしれませんが。

今までに食べたことのない新しいつけ麺で非常に美味かったですね。
ただ、つけ麺としてはお高めなので、気軽に〆に入れるようなラーメン屋じゃないですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す