「牛たん 荒 八重洲店」で牛タン三昧!

2017年9月夜、東京都中央区日本橋の牛タン屋「牛たん 荒 八重洲店」に行ってきました。

お店は、東京駅から徒歩4分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

まずはお通しの、白菜の浅漬けや、辛子味噌など牛タン屋らしいものが出てきました。
お通しは432円でした。

牛たん焼き 大 2350円 3.6

まずは外せない牛たん焼きです。大ということですがそれほど多いわけではなく、牛たん焼き定食の大盛といった感じの量です。6,7切れですね。

以前、牛たん 荒 新宿西口店で牛たん焼きを食べた時は、焼き方は標準より香ばしい感じの印象を受けましたが、こちらは優しい焼き目の印象でした。香ばしい感じではなく、しっとり柔らかな印象です。

牛たんらしい弾力がありながら、非常に柔らかで大変美味な牛たんでした。
芯タンのような柔らかなタン焼きで良いタンです。

ゆでたん 950円 3.7

一番美味かったのは、ゆでたんです。塩味で茹でられていますが、ほぐれるように柔らかでタン焼きとはまた全く違った食感です。
牛たんの弾力は全く無く、とにかく柔らかで長時間煮込んだ牛スネのように解けるような柔らかさです。

牛たん煮込み 650円 3.5

牛たん、にんじん、こんにゃくなどを、汁を煮詰めていない煮物の様な感じで煮込んであります。
煮物のような甘辛醤油味みたいですが、味噌も入っているのかな?濃厚な味わいです。

値段の割にタンがたっぷり入っていてGOOD。
こちらも煮込まれているのでタンのような弾力は影を潜め、スネ肉っぽく柔らか。

牛たんシチュー 850円 3.5

味は典型的なビーフシチューという感じの、香味野菜の酸味をあまり感じない濃厚な味わいのもので美味いです。
牛タンはトロッと柔らかに煮込まれていて、牛タンというより牛スネ肉のようです。
ちょっとタンが少なめですね。ブロッコリーもちょろっと。

傍らにはガーリックトーストが2枚付いています。3人での訪問でしたので50円で1枚プラスしましたが、いまいちガーリックトーストの存在意義がわからなかった。

牛たん炙りポン酢 1500円 3.6

厚めのタンの表面を炙って薄切りにしたもので、レアな感じのタタキになっています。
タン焼きとはまた違ったレアに近い食感で、ツルッとした舌触りとサクッとした食感です。
味的にもポン酢でサッパリと頂く感じで、タタキらしい違った美味さがあります。

牛たんネギバカ炒め 750円 3.5

牛タンとニラやモヤシを甘辛い味付けで炒めてあります。なんか甜麺醤っぽい味付けでした。
牛タンは牛タン焼きに近い食感で仕上がっていますが、まあ塩味の牛タン焼きの方が美味いな。これはこれで美味いけど、この手の炒め物は普通の肉やレバーでいい気がしました。
牛タンはやはり塩焼きの方が美味いな。

牛たん辛み 400円 3.4

肉の繊維をバラバラにほぐして、コチュジャンのような辛子味噌で和えてあります。
どちらかというと佃煮のようなイメージの食べ物で、あまりタン感はないですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都中央区の人気記事

コメントを残す