「神田きくかわ 上野毛店」の限定 特選丼は大鰻でした

2018年7月昼、東京都世田谷区は上野毛の鰻屋「神田きくかわ 上野毛店」に行ってきました。

お店は、上野毛駅から徒歩9分ほどの立地です。
駐車場は、お店の裏と、そこそこ離れた場所に第二駐車場があります。

特選丼 4504円 3.6

うな重もありますが、1日限定30食程度の特選丼が鰻が巨大でリーズナブルなんだとか。
予め席の予約をして、日曜日の開店と同時に入店して特選丼にありつけました。

出てきて何が驚いたかって、どんぶりが巨大です。
え、これ食べ切れるの?という驚きの巨大サイズで、陶器のお櫃と見紛うばかりです。

どんぶりをオープンしてみると、すりきり一杯入っているわけではないので安心しました。
しかし、どんぶりが巨大な分中身が少なく見えますが、これ普通のうな重より遥かに多いご飯と、特上鰻でもなかなか見ない巨大な鰻の身が一尾分隙間なく鎮座してますからね。
全部食べたらかなりお腹いっぱいになるボリューミーなうな丼でした。

薬味のネギとワサビ、漬物、肝吸い、冷凍ライチが付きました。

もう本当に立派で分厚い大鰻で、友栄鰻家で食べて以来だなこんな立派な鰻は。
身が厚くて脂ののりもなかなかで、図体がデカいだけでなく質も伴っています。
身も柔らかく脂が乗っている感じで、質の悪いゴムみたいにブヨっと厚い鰻とは訳が違います。

ただ、焼きに関してはそれほど特筆すべき感じがせず、鰻のポテンシャルを活かしきれていない感じがありました。身が厚くそこそこしっかり脂が乗っていますので、もっと蒸しがしっかりして蕩けるように柔らかく仕上がっていればなあという感じです。焼きも表面の香ばしさやふっくら感が足りない感じで、炭火でじっくり焼かれた感じよりもレンチン感に近い印象でした。本当にレンチンの感じというわけではなく、焼き目に迫力が無くプレーンな感じがするというイメージです。あとなんかすごい熱々で今焼き上がったという感じがないのよね。

焼きの印象が弱く極上の鰻感は感じられませんでしたが、しっかりクオリティの高い厚い鰻の身で、骨もしっかり抜かれて丁寧に処理されていて、確かにレベルの高い鰻でした。
お値段はそれなりにしますが、鰻の身の厚みを考えれば確かにお得感がある特選丼です。

神田きくかわ 上野毛店 店舗情報

食べログ → 神田きくかわ 上野毛店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都の人気記事

コメントを残す