酒・肴 おまた@池袋で居酒屋ランチ 海老・唐揚げ定食

2017年1月昼、池袋の居酒屋「酒・肴 おまた」にランチに行ってきました。

お店は、池袋駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

夜はなかなか予約が難しい人気の居酒屋で、昼もまた人気の定食屋だという。
平日の11時40分頃入店しましたが満席で、3,4分待って入れたのはラッキーでした。
後から来た人は諦めて帰る人もいましたが、意外と12時過ぎになると席に空きがありました。

ランチ 海老・唐揚げ定食 950円 3.5

唐揚げ、エビフライ、メンチカツなどの揚物、さばの味噌煮や塩焼き、豚しょうが焼き、
と肉・魚・揚物と一通りの定食が揃っていて迷います。
サバも捨てがたいですが、エビフライと唐揚げが両方楽しめる海老・唐揚げ定食にしました。

海老フライが2本、唐揚げが2個、付け合せはキャベツとポテトサラダです。
その他、ご飯、味噌汁、小鉢、漬物という定食内容です。

味噌汁はあっさり目の白味噌主体ですが、出汁はしっかり出ていて、油揚げやワカメやキャベツなど具材もしっかり入っています。小鉢は春雨や人参やキクラゲなどをゴマ油の風味がする上品な甘酸っぱい味に仕上げてあるおなじみの一品でした。

まず驚いたのがご飯が非常に熱々だということです。まさに炊きたてといった風貌の超熱々で、米の粒が立っていて良い炊き加減です。
前に行った美松とかもそうだけど人気の定食屋って本当にご飯が美味いですよね。

エビフライは小ぶりの海老ではありますが、大幅に衣でカサ増しすることもなく、上品にカラッと揚がっています。衣は細かめですがなかなかハードに揚がっていて悪くないです。
ただ、ビックリするほど美味いという感じでもないかな。

唐揚げは油淋鶏の様なネギの入った甘酢ダレがかかっているものでした。
お肉はしっとりジューシーで衣も薄くカラッと揚がっていて良いです。
何より非常に熱々なのが良いですね。やっぱり美味い定食屋は熱々なんだなあ。
変なクレーマーを恐れてヌルい食べ物を提供するチェーン店とは違うんです!

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ東京都豊島区の人気記事

コメントを残す