焼肉ランド マルタケ@新御茶ノ水で最高コスパのカルビなど

2017年3月夜、新御茶ノ水の焼肉屋「焼肉ランド マルタケ」に行ってきました。

お店は、新御茶ノ水駅から徒歩2分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

土曜日当日に電話をしたら運良く20時から予約が取れたので伺いました。
ラストオーダー21時で21時半閉店ということで1時間半でしたが十分に堪能できました。

コンロはガスタイプで、テーブルにビルトインではなく机の上にコンロを置くタイプなので少し狭いです。また、網ではなく穴あき鉄板タイプなので肉が張り付くのでは?と思いましたが、良い肉で脂が多いからなのか全く張り付きませんでした。快適に美味しく食べられましたね。
やっぱり炭焼きか云々ではなくて、肉の質が物を言うんだなあ。

キムチ 350円 3.8

まずは手始めにキムチ!塩辛系のクセがなく、発酵していない浅漬けで、甘い味付けで実に日本人向けのキムチですね。個人的にドストライクのキムチで大変うまかったです。

センマイ刺身 600円 3.5

ユッケなどもすっかり姿を消し久しいですが、マルタケも刺身メニューはこれだけでした。
牛の第3の胃センマイを細かく切ってあり、奥の甘酢味噌みたいなタレを付けて食べます。
センマイはクセもなく薄くコリコリしていて食べやすいです。
特にタレが美味いので、大変美味しくいただけました。

並タン塩 1000円 3.5

店内の黒板メニューからタン塩を注文!確か2,3グレードありましたが、一番安い並に。
お値段の割にたっぷり盛られていてよいのですが、まあ味は値段なりという感じです。
決して悪いタンではなく普通に美味しく、値段と量と質を考えてもリーズナブルなくらいですが、マルタケの他の肉の驚きのコスパを考えると平凡です。

ハラミ 800円 4.0

メニューにはカルビ、ロース、ハラミの3種類の肉しか載っておらず、この3種類が基本のお肉となります。店内の黒板メニューには他に何種類かお肉が表示されています。

ハラミは横隔膜になりますので一応ホルモンの分類です。したがって、お店によってはクセがあるお店もありますので、ハラミが美味いかどうかで焼肉屋としての格がわかりますね。
でこちら焼肉ランド マルタケはどうだったのかというと、素晴らしいハラミでした。

臭みやクセなど微塵もない、柔らかジューシーなお肉で素晴らしいの一言。
私が素晴らしいハラミの代表格だと思っている焼肉やまだのハラミに匹敵します。

ロース 900円 4.3

ロースとはいっていますが、安い赤身ばかりのロースとは一線を画します。
完全な霜降り肉でカルビと見紛うばかり。見ただけで美味いのが分かりそうです。

焼いて食べてみると、霜降りではありますが舌触りは確かに赤身のロース肉のそれ。
ただ、噛むとジュワーっと脂が湧き出てきます。そして驚きの柔らかさ!
歯ざわり舌触りに赤身肉の良さを感じる、カルビ並の脂と柔らかさのお肉といった感じで、もう最上級のロースですね。

この質の肉がこの量でこのお値段というのは、もうぶっ飛んでいますね。

カルビ 900円 4.5

そして焼肉の王様カルビです。こちらはもう多くを語る必要もありませんでした。
ただただ美味い!蕩けるように柔らかく素晴らしいの一言。この質、この量でこの値段というのは、都内最強の超コスパの焼肉屋の鶯谷園のカルビに匹敵します。

以上、一番安いお肉の3兄弟を食べてきましたが、これは鶯谷園に匹敵するコストパフォーマンスの焼肉屋ですよ。高いお金を出せばウマイ焼肉はいくらでもありますが、この値段で楽しめる焼肉屋はそうそうありません。

まるたけカルビ 1400円 3.6

ここから少しだけ高いお肉です。店名を冠したまるたけカルビは中落ちカルビですね。
サイコロ状に分厚く切られて豪華ですが、脂身が多くちょっと脂が過剰です。
カルビが大した事ないショボい焼肉屋ですと脂が豊かな中落ちカルビが最高だったりしますが、こちらはカルビが素晴らしすぎるので普通のカルビのほうが遥かにうまかったです。

特選ロース 2980円 4.1

黒板メニューには、上ロース1900円、特選ロース2980円とあり、せっかくなので特選ロースにしました。出てきてビックリですが、これロースステーキですわ。
多分250グラムくらいありますよこれ。立派なステーキです。厚みが焼肉じゃない!

肉質も尋常じゃない霜降りで、これだけのステーキをステーキ屋で食べたら、この2倍位するのではないでしょうか。クオリティと量を考えたら全然高くないですよこれは。

コンロに乗せてもこの迫力!
焼肉を美味しく食べるにはレアな焼き方で、表面を殺菌するくらいで良いと思いますが、こちらのお肉に関してはそうではありませんでした。

少し厚めなのでミディアムレアくらいで仕上げて食べましたが、どうもいまひとつです。
凄いサシなので脂が溶け切っていない感じでした。そこで中心までしっかり熱変性するくらい焼くと、脂の甘味が増して非常に美味い!
しかもしっかり熱を通しているのに全く固くなりません。
このレベルの肉なら焼きすぎるくらいでも全く固くならないんですね。

切れ目が入っているので食べやすいですね。噛むとジュワッと脂が溢れます。

ただ、このレベルの脂のお肉はステーキのほうが合っているなと思いました。
普通のカルビで美味すぎるので、ここまで必要性を感じません。
焼肉ではこのお肉のポテンシャルを十分に引き出せていないようで、少しもったいなかった。

お任せホルモン5点盛 1900円 3.5

お肉はあまり種類がありませんが、ホルモン系は色々充実しています。
とりあえず5点盛りで頼みましたが、2人位でつついたらこれでお腹いっぱいになるくらいの十分すぎる量でした。
内容はレバー、ハツ、ホルモン(モツ)、ミノ、ギアラだったかな。聞いたけど忘れました。

レバーは独特のクセが少なく非常に食べやすいですね。
ハツは全然硬さを感じず、まるで普通のロース肉のようでした。
胃腸系の3種類は、コリコリしていて割りと普通かな。あまり特別感がありませんでしたが、臭みもなく安心していただけました。

味噌ダレっぽい味がついているので、食べやすいですね。
ただ、素晴らしすぎるお肉達に比べると、際立った特別感はないホルモン達なのでした。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!


東京都の人気記事

コメントを残す