ブラッスリー・レカン@上野駅でフレンチのランチコースA

2017年5月午後、上野駅直結のアトレ上野のフランス料理屋「ブラッスリー・レカン」に行ってきました。

お店は、上野駅直結で、JR中央改札を出て左手のアトレ上野の1Fにあります。
駐車場は、無さそうですね。

ランチコースA 1900円 3.5

16時半までランチがやっているというのがありがたい!
ライスdeフレンチという1300円のプレートランチもありますが、せっかくなのでランチコースで一番安いものにしました。
スープ、パン、メイン、コーヒーと簡単なコースですが、2000円以下で楽しめます。

まずはカトラリーが運ばれてきてセットされます。フレンチという感じがして良いですね。

まずは人参のクリームスープとパンが出てきました。
スープは人参を使ったポタージュスープですが、生クリームの風味を強くしている感じで、人参臭さは極限まで抑えられています。クリームスープに仄かに人参の風味を加えた感じで、丁寧に裏ごしされているのか人参の繊維質を微塵も感じない滑らかな舌触りです。
これはこれで大変の美味しかったですが、個人的にはもう少し人参が主張する感じでも好きかもしれません。

パンはカリカリのバケットと、柔らかめのカンパーニュでした。
どちらも温かくなくごく一般的なものでした。悪くないですが特別感もありません。

メインは本日の魚のポワレレモン風味バターソース、子羊のロティバジル風味クスクス添えの2種類から選びました。どちらも捨てがたいですが、子羊のロティの方に。

薄めにスライスされた子羊肉が4,5枚並べられて、バジル風味のソースがかかっています。
その下にはトマトソースに絡められたクスクスが盛られています。
上にはオリーブオイルでソテーされた菜の花が添えられていて季節感がありますね。

さて肝心のお肉ですが、薄めですがミディアムな感じに仕上がっていて非常に柔らかです。
羊肉特有の臭みなどもなく、子羊だからか味の濃さもなく牛肉のようでした。
ソースはバジル風味で塩分濃度控えめのほのかな味で、この仄かな感じのソースがフランス料理っぽくて大変良いです。

クスクスは真逆にトマトソースが絡められていて、このバジルソースとのコントラストが良いのです。食べ比べても混ぜてもなかなか良い感じですね。

最後にコーヒーか紅茶が出てきます。コーヒーをチョイスしました。
酸味苦味が程よい塩梅で、後味もスッキリの飲みやすいコーヒーでした。
+500円でデザートを付けることも出来ますが、今日は3時間後に焼肉会の予定があったのでやめておきました。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

東京都台東区の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す