㐂九八@所沢市でラーメン「しらすと生のりの山葵和えそば」

2017年8月昼、埼玉県所沢市のラーメン屋「㐂九八」に行ってきました。

お店は、航空公園駅から徒歩21分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前と、目の前の路地を少し奥に進んだ場所にあります。

入り口から入って右手の券売機で食券を購入してからカウンター席に着きました。

しらすと生のりの山葵和えそば 850円 3.8

生姜中華そば、煮干し中華そば、鯛とハマグリの中華そばとアッサリ淡麗系のラーメンがメインのお店で、一番アッサリだという生姜中華そばにするつもりだったのですが、しらすと生のりの山葵和えそばという文字に強く惹かれてしまう。

涼し気な冷製仕立てのまぜそばですね。平打ち面が盛られ、浅くスープが注がれ、みじん切りタマネギ、太メンマ、三つ葉、ネギ、細かく刻まれたチャーシュー、生のり、そして中心にたっぷりのシラスが盛られています。

タレというよりシャバシャバの端麗スープといった感じの汁ですが、動物と魚介の淡麗スープでしょうか。ワサビの風味が強くて何の出汁か分かりませんが、アッサリサッパリで優しい出汁ながらしっかりとした旨味があります。昆布いりこなど中心の和風だしにも思えるし、鶏清湯に貝、甲殻類などで深みを加えた感じにも思える。
とにかくそれほど山葵感が強いんだな。辛さは強過ぎることはないですが、ワサビの風味が強いので山葵嫌いの人は食べられないですね。

やさしい出汁に、ワサビの風味、そこにシラスと生のりが加わるのですから完璧な布陣です。
美味くない訳がありません。素晴らしい美味さの冷たい和えそばです。
この味のセンスなら他のラーメンも期待できそうだ!

麺は中太より少し太いくらいの平打ち麺です。少し柔らか目くらいに茹でられて、水で締められていてもっちりしていて美味いです。サッパリした冷製スープにも非常に良く合います。
まぜそばはスープが少なく麺が主役ですので、このくらい存在感がないとね。

麺を食べ終わる頃にご飯が出てきます。
このご飯割の〆があるからスープや具を少し残しておく必要があるのだ。

こいつを残ったスープに投入して豪快に混ぜ混ぜします。
この御飯割をいただいてわかったのですが、何処かで食べたことがあると思ったらこれワサビ茶漬の味だわ。まさに冷たいワサビ茶漬け。しかも超ハイクオリティのね!
そこに柔らかく炊かれたシラス、生のり、三つ葉なんかが加わるんだからもうたまらんね。
素晴らしい美味さの冷製茶漬けです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県所沢市の人気記事

まだデータがありません。

コメントを残す