そば処 北の下@上尾市で蕎麦「天せいろ」

2017年10月昼、埼玉県上尾市の蕎麦屋「そば処 北の下」に行ってきました。

お店は、丸山駅から徒歩16分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

1軒屋の蕎麦屋で、店内はこんな感じの座敷席になっています。
テーブル席もあるそう。

天せいろ 1300円 3.5

せいろ600円でも良かったのですが、なんとなく天せいろにしました。
盛り蕎麦と天麩羅の盛り合わせが付きます。

蕎麦は一般的な盛り蕎麦よりは気持ち多めくらいでこんもり盛られています。
辛汁は軽く鰹出汁っぽい感じで甘みが少なく醤油感がメインかな。なんか後味が尾を引くというか、化学調味料みたいにいつまでも舌に残る感じがありました。醤油の深い旨味なのかもしれませんが。
薬味はネギと山葵です。

蕎麦は結構な細打ちで、細かく挽かれたものです。
埼玉の片田舎にありますが、これは江戸蕎麦スタイルの蕎麦ですね。

細く上品な細かいザラつきで、コシはコリッと硬めの歯触りになっています。
また、瑞々しい舌触りで良い感じの蕎麦ですね。後半は結構乾いてきて、パサッとしてコシが失われてしまいました。天せいろだとどちらから食べてもどちらかは後半劣化してしまうので困ったもんだ。

肝心の香りも、新蕎麦だというだけあってしっかりしています。北海道のキタワセだそう。
細打ちで挽き方も細かいけど風味は濃いという良い江戸蕎麦だなあという感じの蕎麦でした。
個人的には粗めの田舎蕎麦寄りの蕎麦が好きですが、こういう上品な江戸蕎麦もまた良い!

蕎麦湯はサラッとしたもので本当の茹で汁かなという感じですが、底の方には茶色みがかった白濁した粒子が沈殿していて意外と飲みごたえありでした。

天ぷらですが、海老、鶏天、ししとう、茄子、カボチャ、舞茸となかなか豪華でした。
海老天はそつなく美味く、とり天はふっくらジューシー、ナス天もふっくらジューシー、カボチャはパサつかずしっとり、シシトウは苦味が程よく、舞茸は香りが濃いという感じで、なんかどれもなかなかに美味かったのです。
衣は特別薄い感じではありませんが、ザクッという感じの少しハードめな歯触りで悪くない。

ただ、天つゆは無く、塩も用意されていないので、辛汁で食べなければいけなかった。
蕎麦を食べている途中なのに、辛汁に油が溶けてしまうので別の方が良いかな。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県上尾市の人気記事

コメントを残す