パンジャ(PANJA)@入間市のハード系のパンのクオリティが凄い

2017年10月夜、埼玉県入間市のパン屋「パンジャ(PANJA)」に行ってきました。

お店は、仏子駅から徒歩20分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

18時過ぎの訪問でしたが、かなりパンの種類は豊富に残っていました。
店内は様々な種類のパンが並んでいて、どれも小ぶりで少々お高めです。しかし、なんかもう眺めているだけで明らかに美味いのが分かるんですよね。パンの見た目とかディスプレイの仕方とか、ここ美味そうと思ったパン屋のパンって必ず美味いんです。パンジャもそんなお店!

あまりに色々で迷いましたが、なんと毎週水曜日はハード系のパンが20%OFFだというので、ハード系のパン3種類を買ってきました。

パン オ オリーブ1/2 486円 3.7

こちらは白黒オリーブが入ったパンです。けっこう良いお値段がするので1/2カットを購入!
1/2になっているものが並んでいなくても、言えば切ってもらえます。

ハード系のパンと謳っていますが、もう見た目からして全然硬さがないんです。
バゲットなどとは全く対局にある、超柔らかフワモチ食感のパンで、耳の部分も全く固さがありません。

タピオカ澱粉とか米粉とか入っているのかと思うほどのモチモチ感で素晴らしく美味い生地!
そこに薄味めの白と黒のオリーブが散らされており、ビジュアルも良いですね。
個人的にはもう少しオリーブに塩気が効いていたほうが好きかな。

パン オ エスプレッソ1/2 486円 3.8

こちらも、ドライフルーツやらナッツやらが入った、意識高そうなカンパーニュですね。
エスプレッソというだけあって、生地にコーヒーが練り込まれているようで真っ黒です。

こちらも驚きのモチモチフワフワで、もうハード系とは何だったのかというレベル。
当然ながら焼かずにそのままいただきました。コーヒーだかチョコレートだかが生地に練り込まれているので、余計にもちもちフワフワに感じます。

クランベリーと白干しぶどうという何ともお洒落なドライフルーツが散らされ、控えめな甘酸っぱさがショコラ?コーヒー?系の生地とよくマッチします。

あとチョコレートの塊も散らされていますね。おかげで生地と合わさり濃厚な甘味で、パンというよりケーキやチョコレート系の焼き菓子のようですあります。

さらにマカダミアナッツが散らされていて食感のアクセントもバッチリ。チョコ系の生地にはクルミよりもマカダミアナッツのサコっとした食感とサッパリした味がよく合います。

フルーツカンパーニュお試しサイズ 324円 3.7

ハード系のパン3種類目はフルーツカンパーニュです。こちらは大きいものの1/2カットではなく、お試しサイズというさらに小さなもの。

同じく柔らかモチモチの生地に、各種のドライフルーツが散らされています。少し暗めの色の生地に、同じく濃い色をしたクランベリーやレーズンなどのフルーツが散らされていて、ビジュアルも何ともお洒落です。

生地も文句のつけようがない美味さだけど、いろいろな風味の甘酸っぱいフルーツ類がまた素晴らしいね。昔のドライフルーツってもっと不味くて残したくなるような感じだった気がするけど、最近のは甘味と風味だけを濃く濃縮して内部の瑞々しさは決して失わない感じで本当にうまい。

パンジャ 店舗情報

食べログ → パンジャ

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県入間市の人気記事

コメントを残す