手打うどん長谷沼@川越市で「冷かけうどん中」

2014年12月午後、川越の手打うどん長谷沼に行ってきました。

お店は本川越駅から徒歩2分ほどの立地です。駐車場はなさそうですね。

入り口入って右手の厨房で店主が調理をしています。ここで注文をします。
厨房前のカウンターにはお盆があるのでセルフ式のようです。
このままお盆に乗せて自分で運ぶのかなと思ったら、時間がかかるようで、
会計を済ませて席で待ちます。
しばらくすると呼ばれるので先ほどの厨房まで取りに行くスタイルです。

もしかしたら、昼時など混雑する時間帯はどんどん茹でておいて、
すぐ出てくるシステムなのかもしれませんね。

冷かけうどん 中 600円 3.8

今回は一番人気だという、かけうどんを注文しました。
冬ですが、個人的にうどんは絶対冷たいほうが好きなので、冷かけうどんです。

出てくるまで10~15分程かかりました。
店主と他のお客さんとの会話によると12分位茹でるようですね。
取りに行く際、天カス、青ネギ、生姜を自由に入れられます。

小はうどん一玉で200g位、中は二玉で400g位とのことでした。
きっと大は三玉で600g位なのでしょう。

うどん屋は茹で後の重量表記が多いので、中の400グラム位にしましたが、
出てきたウドンは、どう見てもつけ麺と同じ茹で前で350gくらいありそうです。
これは結構なボリュームですね。

肝心のウドンは、かたすぎずやわらかすぎない、
これ以上ないというくらいに見事なコシのウドンでした。
おまけに表面はみずみずしく、ちゅるんとしていて、素晴らしいウドンですね。
讃岐のウドンとも真っ向勝負できそうです。埼玉でここまでのウドンが食べれるのか。

汁は、関西スタイルのような非常に薄い色の汁です。
味も関西風の汁でもトップクラスに薄塩で、相当上品なお味でした。

白醤油なのか、薄口醤油なのか、色が薄いだけでなく、醤油の角も全く感じない、
マイルドなお味で、醤油よりも出汁の味で食べる感じのお汁ですね。

その出汁自体も、鰹節主体なのですが、鰹がカツオカツオ主張していない上品な出汁です。
カツオ感があまり全面に出ず上品なのですが、しっかり旨味が出ている感じです。
讃岐風にイリコ出汁なんかも使っているのかもしれません。

これは汁も相当上品で美味いですね。
麺といい汁といい、相当ハイレベルなうどんを頂いてしまいました。

野菜かきあげ 150円 3.6

かけうどんだけでは寂しいので、野菜かきあげも注文しました。
昼時など繁忙時間帯は分かりませんが、この時は注文があってから揚げていました。

熱々でふっくらさくっと揚がっていてこれまたうまい。
薄めの色で綺麗に揚がっていて、外はサクサク中はふんわりです。
野菜は玉葱と人参ですが、どちらも甘みを感じられ、素晴らしく美味しかったです。

出汁が関西風で薄めなので、テーブルにおいてあった塩でいただきました。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

手打うどん長谷沼を再訪問しました

2014年12月午後、手打うどん長谷沼を再訪問しました。

かまあげ 小 500円 3.4

今回は、かまあげうどん小を注文しました。
前回は冷たい「かけうどん」を食べたので、今回は温かいかまあげにしました。

お湯に浸かって出てくる一般的な「かまあげうどん」のスタイルです。

冷水できゅっと絞められていない温かいウドンなので、
前回の冷やかけのような素晴らしいコシがありません。
コシ自体はあるのですが、もう少しモチっとしたソフトなコシです。
これはこれで悪く無いですが、個人的には冷たいうどんの見事なコシが好きかなあ。

汁は、かけうどんの関西風の薄味の汁とは違って、関東風の濃い味の汁です。
上品な鰹昆布出汁に醤油と甘みを効かせた関東風のつけ汁です。
これも美味しいですが、やはりかけうどんの上品な汁が美味しかったなあ。

天ぷら3点盛 380円 3.3

今回も天ぷらを頼みました。今回は、天ぷら3点盛りです。
とり天、ナス、舞茸2点でした。とり天は、ちくわ天にもできるそうです。

全体的に結構厚めの衣ですが、カリッと揚がっていてなかなか美味しいです。
味はともかく、揚げたてアツアツを出してくれるのは嬉しいですね。

舞茸天、ナス天はそこそこのボリュームですが、とり天はかなり小さいです。
かなり小さくて一口サイズです。

まあ、全体的に結構ボリュームがるので、そこそこ満足できます。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す