「きづなすし 大宮南銀座通り店」でランチ にぎり 縁

2017年12月昼、さいたま市大宮区の寿司屋「きづなすし 大宮南銀座通り店」に行ってきました。

お店は、大宮駅から徒歩2分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

ランチ にぎり 縁  990円 3.5

新宿にもお店があり、何と言っても寿司食べ放題で有名なお店ですが、今回はランチの握りを食べてみました。大宮はランチ寿司激戦区ですが、きずなすし 大宮南銀座通り店でも一番安い握りのセットで1000円から食べられます。

握りはこのような感じで、8貫+軍艦+巻物という感じです。
デカイお椀のお味噌汁も付いてボリュームは十分。味噌汁は生のりの入ったシンプルなものですが、海苔の旨みが溶け出たのかなかなか美味いです。

一つ上の1500円の握りが一番人気と書かれていましたが、こちらに甘エビと穴子一本にぎりが追加され、マグロが本マグロに変わるだけなので相対的に割高に感じてしまいます。まあ値段差と内容考えても本当は妥当なんですけどね。この990円の握りがお得すぎる!

肝心の寿司は、左奥から時計回りに、マグロ赤身、ビンチョウマグロ?、アオリイカ、サーモン、エンガワ、玉子焼き、ボイルエビ、ブリという感じです。手前の軍艦はいくら、巻物はネギトロです。

マグロは本マグロではありませんので濃いマグロの味こそしませんが、乾きもなくしっとりした舌触りで良いですよ。柔らかな身でフワッといただきました。ピチピチにハリがあるのも良いけど、このくらいでも美味い。ネタの厚みも十分でしっかりした寿司です。

びんちょうもかなりソフトで柔らかな食感で脂ののりもよく美味いです。回転寿司とかのチープなびんちょうだと味わいにチープ感を感じて好きではないネタなんですが、これは十分に美味しく味わえました。

アオリイカは、柔らかですっと噛み切れます。際立った甘味こそありませんが、微かにアオリイカの甘みを感じました。

サーモンはよくあるトロサーモンではなく脂ののりはそこそこですが、バランスの良い脂ののりで、柔らかで味も良くうまいです。まあこれはどこで食べても美味いか。

エンガワは筋っぽい固さがなく簡単に噛み切れました。個人的にそれほど好きではなく味の善し悪しが分かりませんが、これは十分美味しくいただけました。

玉子焼きは甘味のあまりないタイプで、出汁もあまり効いていないかな。
ボイルエビはまあ普通のボイルエビです。どうも個人的にあまり好きなネタじゃない。

ブリはメニュー写真だと長ーいデカネタっぽかったけど、実物は普通だった。脂ののりも非常に良く、筋など固さもなく大変美味しかったです。

いくらはイマイチ善し悪しがわからないけど、変な臭みもなくそこそこかな。ただ、あまり瑞々しさを感じなかったかも。

ネギトロ巻きは普通に美味しかったです。というか不味くしようがないか。

以上の構成でしたが、ネタの良さは正直想像以上でした。もちろん絶品の寿司という意味ではありませんよ。内陸で激安で食べられる寿司としては素晴らしいという話です。
色々な飲食店を手がける会社のイチブランドなので、正直チェーン店クオリティを予想していましたが、良い意味で裏切られました。一皿200円台からの回転寿司チェーン(ローカルチェーンを除く)の最高峰の店くらいのクオリティはあります。
高いお金出せば、これより遥かにうまい鮨はいくらでもありますが、1000円でランチに気軽に食べる寿司としてはこれで十分ではないでしょうか。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

さいたま市大宮区カテゴリの人気記事

コメントを残す