狼煙@さいたま市北区でラーメン「つけめん」

2014年12月夕方、さいたま市北区のラーメン屋の狼煙に行ってきました。

お店は東武野田線北大宮駅から徒歩10分ほどの立地です。
駐車場は南に300m位進んだマルエツの、道を挟んだ向かいの駐車場に3台分あります。

店内は調理場をL字カウンターが囲む形になっています。
入り口入って右手の券売機で食券を購入します。

この日は年末で開店間もない時間だったため、列ばずに入れました。

つけめん 中 800円 3.7

ラーメンや辛つけ麺、カレーつけ麺、まぜそばなどもありましたが、
基本の「つけめん」を注文しました。

小200グラムが750円、中300グラムが800円、大400グラムが850円、
特盛550グラムが900円でした。今回は、つけ麺として一般的な300グラムの中を注文。

出てきたつけめんは、これぞつけ麺といった感じの風貌です。
魚粉のかかったドロッとしたつけ汁に太麺の組み合わせですね。

つけ汁は、豚骨と鶏ガラをドロっと乳化させたスープに、
魚粉や節など魚介系を合わせたダブルスープです。つけ麺の基本ですね。
ドロッとしてはいますが味も濃すぎずちょうど良い塩梅です。

鶏豚を使っているそうですが、魚介の風味が前面にでているため、
あまり豚感は感じられませんでした。クセのない鶏白湯的な感じです。

やはり前面には魚介系が出てきていて、後ろから動物系が支えている感じです。
まあ、非常によくある典型的なつけ麺のつけ汁です。
魚介系はカツオ感が目立つつけ汁が多いですが、こちらは鯖感の方が目立ちます。
鰹の目立つつけ汁ばかりでは飽きるので、鯖が目立つ味もまた少し違っていて良いです。

ありがちな組み合わせのつけ汁ではあるのですが、非常に完成度が高く、美味しかったです。

ちなみに、具は、チャーシューとメンマが汁に沈んでいます。
後は、海苔、ネギ、刻みタマネギですね。

麺は、まさにつけ麺といった感じの、コシのある太麺でした。
しっかりモチっと噛みごたえがあり、スープにもよく絡みます。
茶色っぽい斑点もかすかに入っているので、全粒粉もまぜているのでしょうか?

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

さいたま市北区の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す