玄海寿司@東大宮でランチばらちらし丼 大もり

2017年12月昼、さいたま市見沼区東大宮の寿司屋「玄海寿司」に行ってきました。

お店は、東大宮駅から徒歩8分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

丼ぶりランチ ばらちらし丼 972円 + 大もり 108円 3.5

にぎりもありますが、ランチは何と言っても丼ぶり、それも大盛りが人気です。
海鮮丼、ばらちらし丼、温玉なかおち丼、温玉ねぎとろ丼、づけ丼などが1000円くらいでいただけます。大盛りは+100円、メガ盛りは+200円です。

メガ盛りはホンマモンのデカ盛りで、食べきれなかったら倍額取られるそうです。
まあメガはありえないので大盛りにしました。

ということで大盛りのばらちらし丼、味噌汁、茶碗蒸し、小鉢、漬物という構成の定食でした。

味噌汁は魚のアラが入っていたけど、どうも魚の出汁があまり出ていない感じだなあ。
小鉢は何かの魚の兜と大根の煮付けです。なかなか美味いけど可食部分は少ないかな。
茶碗蒸しも、カニカマや鶏肉など具もしっかり入ったもので良い仕上がりです。

さてメインのバラちらし丼大盛りですが、流石にでかいですね。かなりの迫力です。

デカ盛りというほどの量ではありませんが、紛れもない特盛りクラスの超ボリュームです。
周りの人の頼んでいた普通盛りと比べると、まず丼ぶりのサイズが全然デカイ。

牛丼屋の特盛りより全然デカいサイズのどんぶりに、ご飯すり切りイッパイとは言わないまでも9分くらいは盛られ、その上にネタが小高い丘くらいの盛りで山積みにされています。

マグロ、ハマチ、ボイルイカ、ナマコ?あるいは何かの貝?みたいなもの、玉子という具材が醤油ダレに漬けられて、ご飯の上にこんもり盛られています。上には白魚が散らされています。

マグロは本マグロではない感じですがしっかりきれいな赤身をしている部分と、白っぽい身の部分がありました。

ハマチもサクッとハリがあり良いですね。
イカはボイルなのでコリッとした食感です。海鮮丼には生が良いけど、アクセントに悪くない。
ナマコだか貝だか分からない黒いブヨっとしたのは、大して美味くない。

ちょっとネタの種類はバラエティに欠けますが、王道のマグロだけで美味いですからね。
少し甘みも入った醤油ダレに刻んだ生姜と共に漬けにされて、味は良いですね。
漬けになっているのでネタの鮮度は分かりませんが、緩さもなくハリもある身で悪くないです。

下の酢飯も、ツーンとする酢の酸味がなく、甘味もしっかり入った優しい味で、これまた甘味も入った漬けダレともよく合い美味いです!

全体として飛び抜けた鮮度や美味さまではない普通レベルで満足できるバラちらしという感じですが、値段と量を考えたら大盛り以上はかなりお得といえます。

海鮮をお腹いっぱい安く食べたい時に重宝するお店ではないでしょうか。

玄海寿司 店舗情報

食べログ → 玄海寿司

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じさいたま市見沼区の人気記事

コメントを残す