小川菊@川越市で老舗鰻屋の「うな重 特」

2014年10月14日昼、川越の老舗の鰻屋さん小川菊に行ってきました。

駅からは離れていますが、川越観光の中心蔵造りの通りからは近い位置です。
駐車場は少し離れた場所に、近隣の商店との共同の駐車場があります。

お店は蔵造りの建物ではないものの古そうで、いかにも老舗というこの佇まい。
訪れたのは平日の13時半のため、すぐに入れました。

うな重 上 3400円 3.6

当然うな重を注文する予定ですが、重<上<特と3グレードあります。
すべて1尾分のうなぎがのります。

重と上はグラムの違いだが、大きいほうが脂がのっているとのこと。
特は、身が厚く大きく、特に脂がのっているうなぎだそうです。

値段の違いが、鰻の量ではなく、グレードの違いになる場合、
上位のグレードを選ぶべきなのはわかっていますが、
初めての訪問なので手始めに重と上を注文してみました。

20分ほどで登場!こちらは、うな重 上の方です。

オープン!おおご飯がほぼ隠れるなかなかのサイズの鰻が鎮座しています。
わざとらしい照りもなく美しいです。

当然柔らかく蒸した関東風の焼きで、柔らかくほろっと箸で崩れる身。
脂もよくのっていて非常に良い感じ。とても美味しいです。
変な臭みも当然ない。皮が硬いようなこともありません。

ウナギアップ!本当にきれいです。

うな重 重 2850円 3.5

こちらは重の方です。器も違うんですね。

オープン!さすがに上よりは鰻がこぶりですね。個人的にこれくらいでも十分ですが。

重と上の違いはグラムのみとのことでしたが、
なんかこちらのほうが見た目にブヨっとして、照りがわざとらしい気がする。
完全な私の思い込みによる主観ですが・・・

食べてみれば、あまり上と差をを感じません。

あえて差を探して神経を集中して食べれば、上は身に脂が乗っているのに対して、
こちらの重は身の脂ののりが上より少なく、皮の裏に脂身が付いている気がする。
完全な私の思い込みによる主観ですが・・・

まあ、やはり重と上の差は大きさだけなんでしょう。

今度は特を食べてみたいなあ。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。


2015年6月夜、再び小川菊に行ってきました。

うな重 特 4500円 3.7

今回は最上位のうな重 特を注文してみました。
4500円と、そこそこ高級な鰻屋並みのお値段です。その内容はいかに!

オープン!ご飯が完全に隠れるサイズの鰻です。
むしろ収まりきらなくて僅かに重なっているほど。久々にデカイうなぎとの対面だなあ。
一番お安いうな重 重の1.5倍以上のお値段ですが、うなぎの大きさは2倍くらいありそうです。

お重の表面を覆う面積もそうですが、厚みが違います。
本当に肉厚でボリュームのある豪華なうなぎの身ですね。

身が分厚いということは脂ののりも違います。
重や上に比べると良く脂が乗っていて、素晴らしい身です。
食べ比べなければ重や上でも十分に美味しいのですが、比べてしまうと差を感じますね。

4500円とお高くコスパには優れませんが、満足度は高かったです。
ただ、この値段出すと都内の名店でも食べられるからなあ。

ちなみにご飯大盛りでお願いしましたが値段は同じでした。
これだけ分厚いうなぎだと、普通盛りじゃご飯が足りなくなってしまうかもしれませんからね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県川越市の人気記事

コメントを残す