かつ膳@鴻巣市でヒレかつ御膳とロースかつ御膳

2015年1月夜、鴻巣市のとんかつ屋「かつ膳」に行ってきました。

埼玉はおいしいとんかつ屋さんがなかなか無いトンカツ不毛地帯ですが、いかに・・・

お店は鴻巣駅から徒歩20分はかかるであろう、荒川の日本一の川幅の付近です。
駐車場は、お店の前に多数用意されています。

大きな建物で、宴会などの送迎にも対応しているようですね。
店内は座敷席やカウンター席などがあります。

ヒレかつ御膳 2160円 4.0

まずは、ヒレかつ御膳を注文しました。ご飯は大盛りにしてもらいました。
単品のヒレカツに、ライス味噌汁セットならもう少し安いですが、せっかくなので御膳を注文。

ヒレカツ、ご飯、味噌汁に加えて、カツオとジャコエビの風味の効いたコンニャクの煮物、
漬け物、フルーツ、珈琲やジュースなどから選択できるドリンクがついています。

ヒレカツはなかなかの大きさのものが4つ出てきました。
衣は大きめでさっくり揚がっていてGOODです。

中のお肉はジューシーで柔らかいこと、この上なし。
しっかり中心まで火を通してあるタイプですが、とてつもなく柔らかく、
かつヒレとは思えないようなジューシーなお肉でした。
本当にヒレかと思うくらいパサつきのない素晴らしいお肉です。
一口目のあまりの柔らかさジューシーさに、一瞬メンチカツなんじゃないかと思ったほど。

衣は割と厚めなんですがソフトで、お肉の柔らかさと合わさり、素晴らしい美味しさです。
埼玉県内で食べたトンカツの中では今のところマイベストです。

トンカツを食べていると、更に手作りの豆腐が運ばれてきました。
まるで茶碗蒸しのような暖かくプルプルの食感ですが、たしかに豆の味がする豆腐です。

本当に茶碗蒸しみたいにプルプルで美味しかったです。

ロースかつ御膳 1944円 3.4

こちらは、ロースかつ御膳。こちらも、ご飯は大盛りにしてもらいました。
付け合せの内容は同じです。こちらも後から豆腐が出てきます。

ヒレカツの素晴らしさに比べると、ロースカツは至って平凡でした。
簡単に噛み切れるくらい柔らかく、パサつきもない良いトンカツなのですが、
感動するような味ではないです。

ロースという割には脂身が少なく、ヒレっぽい肉質だなあと感じました。
それでも柔らかくパサつきもないので良いトンカツだとは思います。
ただ、ヒレカツと比べてしまうと、数段落ちるかな。
値段差は僅かなので、断然ヒレカツをおすすめします。

ボリューム的には200g弱でしょうか。普通は十分にお腹いっぱいになる分量です。


2015年6月夜、鴻巣市のとんかつ屋「かつ膳」に再び行ってきました。

ヒレとんかつ1295円+ライス・お味噌汁セット324円 4.0

前回は、ヒレカツ御膳を注文しましたが、2000円超えになってしまうので、
今回は単品のヒレとんかつにライス・みそ汁セットを付けました。

内容的には、御膳から小鉢、フルーツ、豆腐、ドリンクが抜けた感じですね。
これで約500円差です。まあ妥当な値段ですけど、カツ食べに来たんだから無くていいかな。

そういえば、ご飯が少ないなと思いましたが、途中でおかわりを聞かれました。
おかわりできたのか。ご飯を節約して、もう殆ど食べてしまっていた・・・

ヒレカツは御膳と同じなかなかのサイズのものが4つ出てきました。
衣厚めで俵型のヒレカツは迫力満点!ボリューム満点!

相変わらずヒレとは思えないパサつきのなく、柔らかいヒレカツです。
お肉自体が瑞々しくて柔らかいのもありますが、
厚めの衣もふっくらやわらかを演出するのに一役買ってますね。

都内の名店にも劣らない、本当に素晴らしいヒレカツです。
今のところ埼玉県内でこれ以上のとんかつには出会っていません。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。


2018年5月昼、鴻巣市の「かつ膳」にまた行ってきました。

ランチ ヒレカツとアジフライ定食 980円 3.5

ランチタイムの方がお得なのは分かっていたのですが、なかなか来れずやっとのランチです。
もっとリーズナブルなランチメニューもありますが、私イチオシのヒレカツと、アジフライの定食があったのでそちらにしました。かつ膳に来たらやはりヒレカツは外せません。

出てきてディナーかというほどに豪華なお膳ではありませんか。夜の御膳と変わらんやん。
メインの揚げ物の他に、ご飯、味噌汁、漬物、小鉢、キャベツ、タルタルソース、胡麻と無駄に器が多いですね。すごい迫力です!
小鉢は玉ねぎなどの野菜をドレッシングでマリネ風にしてあるものでした。

メインのフライですが、ヒレカツ2つとアジフライ1つでした。

ヒレカツは夜のものと同じサイズで、ゴロッとまんまるです。
しかし、今回ちょっとクオリティが低い印象でしたね。何というか揚げ過ぎな感じです。衣が結構粗めなんですが、それが揚げ過ぎな感じなのでハードにバリバリになっていました。
幸い中の肉が固くなってしまっているようなことはありませんでしたが、やはり少し火が入りすぎている印象。十分美味いんですが、以前食べた時のような絶妙な仕上がりではありませんでした。

アジフライも、身が結構フワッとしている感じでしたが、衣がやはりバリバリで上品さがありません。多分火加減が良かったら、身ももっとふわっと蕩けるようだったんじゃないかと思います。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す