麺家 Shumen Doushi @南与野でラーメン「極 -Kiwami- みそSOBA」

2018年8月午後、南与野のラーメン屋「麺家 Shumen Doushi」に行ってきました。

お店は、南与野駅から徒歩6分ほどの立地です。
駐車場は、お店とは目の前の道路挟んだ向かい側の駐車場内に1台分ありました。

入口入って目の前の券売機で食券を購入してからカウンター席に着きました。

極 -Kiwami- みそSOBA 890円 3.5

メニューはアッサリ系は、醤油SOBA、塩SOBA、塩つけSOBAがあります。
一方のこってり系は、みそSOBA、白湯塩SOBA、白湯塩つけSOBAがあります。
どうも塩がフューチャーされているようですので塩のが良かったのかもしれませんが、事前情報無しで訪れたためサッパリ分からず、何となくこってりメニューから一番上にあった味噌そばにしました。

ビジュアル的に綺麗にまとまっている感じで、特別派手な盛りつけではないのですが小奇麗で、なんだか美味そうだなと感じました。

スープを飲んで意外とサッパリなのに驚きです。こってり味噌だと思っていたので、動物系の白湯に濃ゆいゴリゴリの味噌感がガツンと来るものを想像していましたが、意外にもスッキりスープです。

味噌感もサッパリで粘度が低いスープですね。赤味噌主体の味噌の風味やコクもしっかりしているのですが、通常味噌ダレに負けることが多い出汁感がはっきりと感じられるのです。
何か分かりませんが動物系の厚い旨味があります。味噌感にかき消されずに出汁感がしっかりしていて、その上でさっぱりした味噌感を感じます。醤油も入っているのかなこれは、割と塩分もしっかりしているのに味噌感が濃すぎずに良い感じです。

サッパリで醤油チックな味噌ダレとしっかりした出汁感の濃すぎないスープで、こってりという割にさっぱりしている、にもかかわらず味の厚みがある完成度の高いスープでした。
ところどころ赤いペッパーの身が入っていて、ガリッと噛むと胡椒の香りがふわっと広がり良いアクセント!

麺がこれまた変わっていて、こってり味噌を謳っているのに、ストレートの細麺なのです。
パンチのある濃いスープにこんな細麺では、普通は麺が負けてしまいそうですが、こってりといいながらスッキリなスープも相まって、細麺が異様にマッチしていました。

具は、鶏挽き肉、牛薄切り肉、分厚い豚バラチャーシューと鶏豚牛が揃っています。
分厚い出汁も鶏豚牛の旨味がしっかり出ているからなのかな。

あとはメンマ、海苔、青ネギ、味玉という内容でした。
極みと謳っているだけあって、普通のラーメン屋の特製に相当するのかな。
というかほぼ全メニューが極みで、ノーマルのラーメンはありませんでした。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県の人気記事

コメントを残す