頑者@本川越でラーメン&辛つけめん

2014年9月1日午後、川越の有名な、つけ麺屋に行ってきました。

つけ麺に初めて魚粉を入れたとも噂される、つけ麺の名店頑者です。

本川越駅徒歩2,3分ほどの立地で駐車場はありません。

夕方までの営業で常に行列ができているので、
なかなか伺うタイミングが合いませんでした。

なんだかやたら風格がある佇まいです。
外に行列ができていて、自由に飲めるお茶が用意されています。

この御店は総入れ替えのロット制で、お店の中のお客さんが全てはけると、
定員の12人を一気に入店させます。

列の13人目は、その次の会になってしまうので結構待ちます。
また、一人だけ食べるのが遅くて残っていると、外の列の視線が気になります。

並んでいる間に店員さんがメニュを掲げながら注文を取りに来ます。

今回は一番スタンダートな、つけめんを注文しました。
たしか、普通で麺300グラム、+100円の大盛りで400グラムだった気がします。

つけめん 850円 4.0

着席すると、5分ほどで先に入店した人から順番に着丼します。
ドロッとしたつけ汁に魚粉がかかった一般的な見た目ですね。

食べてみると思ったよりドロッとしておらず粘度低めでした。
シャバシャバまではいかないですが。

動物系と魚介系の合わせ出汁のWスープで若干の酸味があるおなじみのつけ麺のつけ汁です。

動物系が下から支えて、魚介系の風味が前面に出てくる感じだが、
つけ麺にありがちなカツオカツオした感じの味ではないです。鯖っぽいマイルドな魚介ですね。
聞くところによると豚骨鶏ガラをベースに鰹節、鯖節、煮干しなどいろいろ入っているようですね。

なんとも言えない魚介の旨味が効いたスープです。本当に美味しかったです。

具は、脂身の少ないが柔らかいチャーシューがたっぷり、
メンマ、煮玉子半分、ネギ、なるとが入っている。
チャーシューが結構たっぷりでいいね。

麺は、つけ麺ではお馴染みの太麺でもちもちしていてコシがある。
表面は割とツルッとしていて、うどんみたいだ。

最後はスープ割りをもらったが、割るスープも色が濃い目で、割った後も結構味が濃い。

これはこれでまた別の旨味が感じられる。割った後のスープに麺を入れても食べれそうだ。

メニューです。


2014年10月14日午後、川越の頑者に再訪しました。

ラーメン 750円 3.2

前回はつけ麺を食べたので、今回はラーメンにしました。
席についてほどなく着丼。つけ麺系よりもラーメンのほうが早くでます。

スープの見た目は、つけ麺のつけ汁に似ていて、濃厚な感じなのかと思ったら、
レンゲですくうとかなりシャバシャバしていているスープでした。

水面に油膜がはっていて、水中には魚粉や節のかけらが浮遊しているので、
一見つけ麺のつけ汁に似ていますが、全く違うものでした。

かなりのあっさり味です。

前回食べたつけ麺は、鯖を中心に様々な青魚の旨味が出ていて、
鰹を効かしているありがちなつけ麺と違って感動したのですが、
ラーメンはカツオ系の風味が目立ちますね。

あっさり薄味の鰹風味の醤油ラーメンといった感じです。
というか塩分濃度が足りていない気がします。

辛つけめん 850円 3.2

同行者の辛つけめんも一口もらいました。つけめんと比べると、
つけ汁の表面にラー油のような赤い脂が浮いています。

肝心の味は、辛さはそれほどでもありませんが、
なんだか普通のつけめんよりも旨味を感じられない気がします。

普通のつけ麺のつけ汁は、一口食べただけで魚の旨味が広がりますが、
辛つけめんはそれほどでもありません。

個人的には普通のつけ麺のほうが圧倒的に好きです。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す