手打ちうどん 永井@埼玉県三芳町で「ゴマ肉汁うどん 大」

2018年12月夕方、埼玉県三芳町のうどん屋「永井」に行ってきました。

お店は、鶴瀬駅からは遠く離れた立地のため、車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の前にあります。

ゴマ肉汁うどん 大 950円 3.5

武蔵野うどんらしいつけ汁タイプから煮込みうどんっぽいものまで多数のメニューがあります。
定番の肉汁にしようと思いましたが、ゴマ肉汁の文字が目に入ってしまい、ついついゴマにしてしまいました。いろいろな店の肉汁を食べ歩いて比べるのも楽しいですが、ゴマ言われてしまったら勝てない・・・

ゴマ肉汁は、400gの小、500gの中、700gの大とありますが、うどん屋なので湯で後表記ですね。つけ麺換算で半分強になるはずです。かなりお腹が減っていたので思い切って大にしました。つけ麺換算で400g位にはなるはず。

ということで出てきたゴマ肉汁うどんですが、流石にデカイですね。つけ麺400g強くらいあるタップリの極太うどんも大迫力ですが、つけ汁の大きさにたまげた。小ぶりなラーメンどんぶりくらいある器に波々注がれています。これはすごいボリュームだ!!

うどんは正に武蔵野うどんという感じの長くて非常に太い力強いうどんです。さすが武蔵野うどんという感じの硬めに仕上がっていますが、それでもやや伸びコシの片鱗も見せる、ゴワゴワ固いだけのうどんではありません。基本すごくワイルドながら、お上品な顔も覗かせる非常に良く出来たうどんなのです。

非常によく出来た武蔵野うどんなので、これといった特徴はないのですが、正に必要十分で文句の付けようのない素晴らしいうどんです。美味い!

小ラーメンかといった感じのつけ汁ですが、量のインパクトもそうですが、見た目に非常にこってりした印象です。
和の出汁に醤油ダレという典型的な肉汁にゴマペーストを加えてあるのですが、ゴマ感が超濃厚でゴマの油分がまるで背脂かのように浮遊して、コッテリ乳化スープのような風貌です。

味わってみると、普通の肉汁に、やや酸味すら覚えるほどのゴリゴリのゴマ感をプラスしたものなのですが、なんかゴマが入ることでここまで味が変わるのかという感じの濃厚な肉汁です。
シンプルに普通の肉汁も味わってみたかったですが、この力強いゴマ汁は注文して正解でした。

また具がすごくて、豚バラ薄切り、油揚げ、ネギ、ホウレンソウといった具がこれでもかとタップリ入っています。肉は脂身が多いものの柔らかで美味いですね。ネギは焦げ目が軽く付いてジャキっとした食感がしっかりしているものですので、焼いてから投入したようです。ホウレンソウだか青菜みたいな野菜もシャキッと食感良くGOOD!

スープも具もタップリで大満足のつけ汁でした。おまけに熱々!

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県カテゴリの人気記事

コメントを残す