自由が丘 蔭山樓 ららぽーと富士見店でラーメン「鶏白湯塩そば」

2019年1月午後、埼玉県富士見市のラーメン屋「自由が丘 蔭山樓 ららぽーと富士見店」に行ってきました。

お店は、鶴瀬駅から徒歩22分ほどの ららぽーと富士見の1階フードコート内にあります。
駐車場は、ららぽーと富士見の巨大な駐車場があります。

鶏白湯塩そば 950円 3.5

鶏白湯が売りのお店のようで、塩や醤油の鶏白湯ラーメン、変わり種では鶏白湯とベストマッチの担々麺もあります。担々麺も気になるところですが、まずは基本の鶏白湯塩そばにしました。

間口が狭い洒落たラーメンどんぶりに入っていて、上部にはサラダが盛られているおしゃれ系のラーメンですね。

スープを飲むと、久々の鳥白湯スープだったからか異様に美味く感じました。
鳥の旨味や風味をしっかりと感じながら、デロデロに乳化した舌に絡みつくしつこさを感じない上品な仕上がりです。
塩ダレなのも功を奏して鳥の旨味だけをダイレクトに味わうことができる白湯スープです。

上部だけを掬った時は上品に感じましたが、下の方に行くに連れしっかり乳化したトロッとしたスープが顔を出し、結構しっかりコッテリ系ですね。それでも嫌なしつこさはなく好きな感じの乳化スープです。

フライドエシャロットみたいなものが散らされていたり、糸辛子がタップリ盛られていたりと、味に変化やパンチを加えるアイテムも乗っていて、単調でシンプルな鶏白湯に留まりません。後半はレモン果汁を垂らすと、これまた味が引き締まって違った美味さがあります。

麺は中太くらいの歪な麺で、縮れともストレートとも言えない、割と真っ直ぐだけど太さが歪な感じの麺です。
存在感ありつつも変に目立ち過ぎない卒なく美味い麺で、主役のスープを引き立てます。

具は、ほぐした鶏肉、卵、水菜、レタス、玉ねぎ等です。
具材はオシャレ系に振っていて、味的には特に特筆すべき感じではないです。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

コメントを残す