そば六@日高市で土日限定10食の「とびそば」

2019年9月昼、埼玉県日高市の蕎麦屋「そば六」に行ってきました。

お店は、武蔵高萩駅から徒歩6分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

とびそば 1100円 3.5

土日限定で、1日10食限定だという”とびそば”にしました。生粉打ちの十割そばです。
結構黒っぽく、無数の星の見える蕎麦で、普通より少し太めに打ってある、田舎そばに近いものですね。

盛りは十分で、一般的な盛り蕎麦1枚分か、やや多めくらいでした。

水に浸かっているのは最初にそのまま食べて、甘みを感じてくださいとのこと。
まあ、私はどちらにしろ半分くらいは辛汁つけないで食べるんですけどね。

辛汁はかなりしょっぱいものですね。醤油の濃さというより単純に塩分濃度高し。
あとカツオの出汁感もありますが、それ以上に強いというか違和感というか何か旨味があります。全体的にちょっと味が強すぎますね。

薬味は山葵とネギです。

漬物の自家製もろきゅうみたいなのが美味かった。もろきゅうほど深く漬かっておらず、生姜の風味がして美味いわ。

さて肝心の蕎麦なのですが、食べてみるとやはり田舎蕎麦という感じの味わいです。
挽きぐるみというか、黒い薄皮をそのまま挽いた感じのあのギュッとした噛みごたえが少しだけ感じられます。

全体的に3番粉っぽい色というか、味わいというか、やや独特の田舎そばっぽい風味がありますよね。
蕎麦らしい香りというのはあまり感じませんでしたが、田舎蕎麦だからだと思われます。
なんかどのお店で食べても、濃い田舎そばよりも、かえって普通の二八の方が蕎麦らしい香りがありますよね。

やや太めで、固すぎないしっかりしたコシがあり、あまり際立って荒く挽いているという感じもしないもののザラッとした派手な舌触りがあり、とっても蕎麦らしく良い蕎麦です。
ただ、個人的にはやはり香り重視なのであと一歩な印象でした。

もう夏新そばなのでしょうけど、今度は秋の新蕎麦が出る時期くらいに普通の蕎麦の方も食べてみたいと思いました。

蕎麦湯はガッツリ蕎麦粉を溶いた超濃厚タイプでした。
白というより灰色みがかった白濁仕様で、大変飲みごたえがあります。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県日高市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す