Trigo(トリーゴ)@志木駅(新座市)で海老つけ麺

2020年2月昼、埼玉県新座市のラーメン屋「Trigo」に行ってきました。

お店は、志木駅から徒歩6分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口入って右手の券売機で食券を購入して、カウンター席に着きました。
平日の開店15分後に伺いましたがほぼ満席でした。ただ一巡目が掃けると特に列ばずに入れる感じでした。

海老つけめん 890円 3.5

券売機にデカデカ掲示されていた限定のカレーつけ麺も気になりましたが、当初の予定通り人気だという海老つけ麺にしました。

隣の人がカレーつけ麺を頼んだらしく、着丼とともになんとも言えない複雑なスパイスの香りが漂い、しまったやはりカレーが正解だったかと思いましたが、海老も大変美味でこちらも正解でした。

一般的な濃厚なつけ汁と、たっぷりの太麺の組み合わせの、オーソドックスなつけ麺です。
普通のダブルスープに見えますが、しっかり海老のつけ麺になっています。

一口食べて確かに感じるエビの風味!濃厚な味わいの海老つけ汁です。
ただ、しっかり海老の風味を感じる濃厚つけ汁なのに、良い意味でも悪い意味でも海老が目立ちすぎません。

海老ラーメンやつけ麺ですと、ガッツリ香ばしい焼海老の強烈な風味がグイグイ来るものもありますが、そういった感じは受けません。あるいは海老を丁寧に炊いたクリーミーな白湯スープのマイルドながらも濃い旨味がある海老スープともまた違う。

おそらくベースは豚骨鯖などのダブルスープで、そこに海老要素が添加されている気がします。
初めの方は海老の風味を濃く感じましたが、底に行くにつれてオーソドックスなダブルスープのつけ汁の味に近づいていきました。

麺は標準で250グラムということですが、300g位のものと大差ない感じで、個人的には十分でした。

つけ麺としてお手本のような程よいコシのあるツルツルな太麺で、もちろんつけ汁によく合います。

麺の上には、鶏豚のレアチャーと海苔がトッピングされています。
レアチャーはしっとりした舌触りで柔らかく、完成度が高いです。

Trigo 店舗情報

食べログ → Trigo

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県新座市の人気記事

コメントを残す