さまた@嵐山町でトンカツ「背脂多いロース膳」

2015年1月昼、嵐山町のとんかつ屋「さまた」に行ってきました。

お店は、武蔵嵐山駅から徒歩15分程度かかる立地です。
駐車場は、お店の前に4,5台分の駐車場が用意されています。

背脂多いロース膳 1350円 3.2

初めてのトンカツ屋に来たら、ロースの一番上のものを注文することにしています。
「さまた」には、ロースカツ膳(130グラム)とジャンボロースカツ膳(200グラム)があります。

肉質が違うと困るので、お店の配膳のおばちゃんに聞くと、大きさが違うだけだという。
確かに、ご飯など付け合せの価格を除いた、値段とグラム数がほぼ比例している。
ならば、初めての田舎の店で1800円も出すのは冒険すぎると思い、ロースカツ膳に決定!

おばちゃんによると、ロースカツ膳の脂身をカットしないで、脂身分カツが大きい背脂多いロース膳というのもあるとのこと。
確かにロースカツ130グラムは少ないので、背脂多いロース膳でお願いしました。

しかし、注文後しばらくしてあることに気づく!!
ジャンボロースカツ膳の写真の下にリブロースという文字がある!!
ロースカツ膳にはない。ということは、やはり肉質違うのでは・・・
トンカツ屋は上位のロースカツにはリブロースを使う。軟らかくてジューシーで美味いからだ。

あれ、これやっちまったか?わずか450円をケチったために、このお店のフラッグシップを食べ損なったかorz

ともあれ、10~15分ほどで、トンカツがやって来ました。
ご飯、味噌汁、漬物、ひじき、フルーツが付いていて、この値段なら十分です。

何気にオレンジ色の岩塩っぽい塩が付いてきて、塩で食べるのがおすすめとのこと。
塩を薦めてくるとは期待が持てます。塩で食べるのに耐えうるクオリティということか。

で、早速食べてみるわけですが、まず思ったよりかなり大きいですね。
130グラムなので小ぶりのロースカツを想定していましたが、180g位ありそうに見えます。
言うほど脂身も多くなく、なかなかのボリュームで良い感じです。

揚げ方は低温揚げなどではなく、極普通の揚げ方です。
色がまさにトンカツ!というかんじで良いですね。

断面は中心まで完全に火が通っている仕上がりです。
見た感じ肉汁が断面に浮いていてキラキラしていて良い感じです。

かぶりついてみると、思ったよりは硬く、若干パサつきがあります。
固いといっても、低温調理したリブロースに比べてであり、もちろん簡単に噛み切れます。
若干パサツクといっても、全く問題なくおいしい範囲です。

肉はまあ普通な感じですが、衣は結構好みです。
パン粉が、大きすぎず細かすぎず、やわらかすぎずザクザク過ぎず、まさに中庸です。
特徴がないともいえますが、なんか結構美味しかった。

ほとんどを塩で頂きましたが、一切れソースをかけるも美味しくないです。
ビチャビチャのウスターっぽいソースで、酸味があるだけで美味くない。
残りは全て塩で頂きました。

全国レベルの超名店と比べてしまえば数段落ちますが、それは当然です。
まあ、過度な期待をしなければ、普通に美味しい街のとんかつ屋さんといった感じですね。
埼玉県の中の比較的ローカルなエリアで、この値段でこれだけ食べられれば十分です。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。

さまた 店舗情報

食べログ → さまた

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県の人気記事

コメントを残す