川島食堂@川島町で呉汁うどん

2021年1月昼、埼玉県川島町のうどん屋「川島食堂」に行ってきました。

お店は、鉄道駅からは遠く離れた立地ですので、車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の前にあります。

呉汁 ご飯付き 1400円 3.4

川島町の冬の郷土料理の呉汁があったので、せっかくならと呉汁しました。

ご飯付き+50円にしたので、1400円とランチに気軽に食べるうどんとしてはちょっと高めですね。すったては1000円しない店がほとんどですが、呉汁はなぜか高いですよね。その中でもかなり高い方ですが。まあ観光客向けかな。

良い値段するだけあって、割とデカめの1人用鉄鍋で出てきました。
上まで波波盛り込まれていて、すごいボリュームです。ご飯も付けたし食べきれるかな。

野菜類も豪華で、白菜、ネギ、人参、インゲン、ゴボウ、かぼちゃ、芋がら、大根、しめじ、椎茸です。
豚肉や油揚げも入って、卵も落とされて半熟に仕上がり、具材の豪華さは折り紙付きです。

味わいは割とオーソドックスな呉汁という感じで、出汁感のしっかりした白みそベースの汁に、すり潰した大豆が入ります。

はじめは大豆感が弱いかなと思いましたが、下に行くほど大豆の濃厚な舌触りと味わいを存分に感じられました。大豆もしっかり入り、味噌も白味噌が主体なのか、全体的に白っぽい汁でしたね。優しいけど力強い味わいです。

うどんは煮込んでいるからか、結構柔らかです。
かなり柔らか仕様ですが、最後の最後のところで確かにコシを感じますね。

しょうもないやわやわうどんではなく、柔らかですがしっかりしたうどん感があります。
煮込みうどんは、このくらいの柔らかさも良いですな。

最後に余った汁にご飯を投入して、呉汁飯にして締めました。
この手の〆ライスはちょろっとの店が多いですが、こちらはガッツリでした。
茶碗に盛り盛りくらいですからね。

やはり、呉汁にはご飯も良く合います。最後の一滴まで余すことなく楽しめました。

かなりのボリュームでお腹いっぱいです。

うどん類を頼むと、最後にコーヒーが付くみたいですね。

なかなか良いサービスです。

川島食堂 店舗情報

食べログ → 川島食堂

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川島町の人気記事

コメントを残す