関庵@鶴ヶ島市で蕎麦「二味せいろ」

2021年3月昼、埼玉県鶴ヶ島市の蕎麦うどん屋「関庵」に行ってきました。

お店は、若葉駅から徒歩23分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

二味せいろ 890円 3.4

カキフライとのセットなんかも気になりましたが、蕎麦やうどんを食べに来たわけなので、移り気はいかんね。

ということで、純粋に蕎麦かうどんを食べることにしたのですが、二味せいろという文字が目に入ったので、速攻でこれにしました。

蕎麦でいいですかと聞かれたので、よく分からなかったけど、いいですと答えました。

しかし、出てきてびっくり、そば一種類で、つけ汁が2種類でした。
二味せいろってそっちか。確かに二色せいろじゃなくて、二味せいろだもんなあ。

なるほどそっちでしたか、これは想定外だった。
盛り蕎麦一枚に、普通の辛汁&すったて風の胡麻汁のセットでした。

まず蕎麦だけ食べてみましたが、あまり蕎麦の濃い香りはしませんね。意識して鼻から息を吐くと、鼻腔に蕎麦の香りを感じるので、間違い無くしっかりと蕎麦ではあります。

やや、縮れたような歪な麺で、割と珍しいかもしれないですね。
透き通った色に、黒い星が無数に飛んでいて、瑞々しくキラキラした蕎麦ですね。

あまり表面にざらつきを感じない蕎麦で、しっかりとしたコシもあり、極細のうどんみたいな食感かもね。正統派の上質な蕎麦とは少し趣が異なるけど、これはこれでなかなか美味いですよ。

辛汁の方は、枯れたような深い鰹の風味がしっかり香るのですが、あまり醤油感を感じませんね。それなのに塩分はしっかりしている不思議な味わいです。
甘さもなく、鰹感だけしっかり感じる妙にすっきりした味わいです。

ゴマ汁の方は、きゅうりが浮かんで、別添えで刻み玉ねぎもあり、まさに”すったて”という感じです。和の出汁とすりごまの合わさった濃厚な風味で、味に力がありますね。

しかし、すったては味噌が入るのに対して、この胡麻ダレは醤油ベースな気がします。もしかしたら、少しだけ味噌も入っているのかもしれませんが、基本的に醤油味みたいな感じでした。

辛汁と比べると、どうしてもこちらの方が味に力があり、また珍しいので、大半をこちらの汁でいただきました。二味を勘違いして失敗したものと思いましたが、結果美味かったね。

最後に蕎麦湯が出てきました。

結構しっかり蕎麦粉を溶いたような、トロッと白濁した濃厚なものでしたね。
蕎麦の風味もしっかりありました。

関庵 店舗情報

食べログ → 関庵

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県鶴ヶ島市の人気記事

コメントを残す