あぢとみ食堂@川島町で「タンメン野菜増し」

2014年8月昼、埼玉県川島町のラーメン屋「あぢとみ食堂」に行ってきました。

お店は、鉄道駅から遠く離れているため車でのアクセスになります。
R254を東松山から川越方面へ走っていると、脇道に少し入った所にお店が見えます。

駐車場は、お店の横に結構な台数が停められる大きさのものがあります。

店内はテーブル席とカウンター席で、結構な席数がありますが、
お昼時を外してもかなり混み合っていて、列ぶことが多いです。

食券ではなく席で注文して後払いのシステムです。

タンメン 780円 3.5

あぢとみ食堂といえば、野菜たっぷりのタンメンが人気です。当然タンメンを注文しました。
太麺と細麺があり値段も違いますが、今回は太麺にしました。

15分ほどで着丼のタンメンは、たしかに野菜がこんもり盛られている迫力の一杯です。
普通の中華食堂では見られない二郎系のタンメンですね。
モヤシ、キャベツ、玉ねぎ、ニラ、人参、豚肉がシャキッと炒められてのっています。

二郎系やインスパイア店だと、キャベツモヤシで、とりわけモヤシばかりですが、
あぢとみ食堂はタンメンらしくいろいろな野菜が取れるのが最高です。
スープも、乳化して背脂の塊が浮いている二郎系と違って、清湯なのでヘルシー!
お店が近ければ週一くらいで野菜を摂取しに通いたいお店ですね。

スープは、 鶏清湯の塩味スープに、胡椒が沈みラー油が浮く、典型的なタンメンの味付け。
これぞタンメンという非常に完成度の高い味です。
あっさり鶏塩ですが、大量の野菜を食べるに耐えるパンチもあり、非常に美味しいですね。

麺は今回太麺にしましたが、うどんのような白っぽい麺で、コシもそこそこあります。
たまにこういう白っぽい麺のラーメンあるけど、個人的にはあまり好みではありません。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。

あぢとみ食堂を再訪問しました

2015年4月午後、再びあぢとみ食堂を訪れました。
前回は、普通のタンメンだったので、今回は野菜増しにしてみました。

タンメン野菜増し 880円 3.6

普通のタンメンは100円プラスで野菜増しにできます。果たして100円でどこまで変わるか?

と思ったら出てきたタンメンを見てビックリ!
こんもりどころか、そびえ立つという表現がピッタリの盛りです。
二郎系でいうところのマシマシといった感じでしょうか。

100円プラスで野菜2倍位になってるんじゃないでしょうか。
これは最高です。野菜が食べたくなったら、あぢとみ食堂へGO!


スープカレータンメン 830円 3.5

2016年4月午後、あじとみ食堂を再訪問しました。今回はスープカレータンメンです。
ノーマルの太麺のタンメン以外は野菜増し出来ないのが寂しいところですが、
ひさびさに野菜増し無しでも意外と野菜たっぷりでした。

スープカレータンメンという名前ですが、ようするにノーマルのタンメンにカレー粉をガッツリ加えたものですね。自家調合ではなくガラムマサラみたいなカレーミックスパウダー的なものだと思いますが、野菜の上にかかったものを見る限り結構本格的なスパイスです。

スープは見事にカレー味になっていて、アッサリのタンメンスープがベースになりながらも、
カレー風味が追加されてパンチのある味になっています。

カレー風味が追加されたことが違和感になっておらず、しっかり美味しいカレーラーメンです。
カレー風味でいただく野菜がまた美味い!


2016年6月夜、あじとみ食堂を再訪問しました。金曜・土曜日限定の夜の部の訪問です。
夜の部は、昼のお店の横にある小さなプレハブ小屋の中にあるカウンター8席程度のお店です。

黒醤油太麺 780円 3.4

昼はタンメンがメインですが、夜の部は煮干し系などバラエティに飛んだメニューが有ります。
まずはタンメン以外のあぢとみ食堂の味を知ろうと、昼の部にもある黒醤油太麺にしました。
何のために夜に来たんだという感じではありますが・・・

黒醤油というだけあって、まるで富山ブラックのように真っ黒のスープです。
いくらなんでも醤油だけで出せる色じゃないよなあと思っていたら、黒ゴマの欠片を発見!
スープを飲み進めるとラーメンどんぶりがすり鉢になっていることを発見!
これで胡麻擦ってからスープを投入しているのだろうか?

スープ自体は鶏清湯?みたいな澄んだあっさり動物スープに鰹節と煮干を加えた感じです。
特に鰹節感が目立ちますかね。単純な清湯スープで鰹節感が目立つとチープな味になりがちですが、醤油の旨味と胡麻のコクで美味く中和されて安っぽい感じがしません。
アッサリですが深みがあり、なかなか珍しい系統のスープでした。

麺は昼のタンメンのものと同じなのでしょうけど、どういう訳か昼のタンメンの時のチープな感じの太麺とは違い、プリンッと弾力のある素晴らしい麺でした。
なんでだろう?黒いスープが絡まって雰囲気が有るからかな?或いはお客が少なくて丁寧に茹でているからだろうか?

具は、チャーシュー、カイワレ、海苔、メンマと必要十分です。
チャーシューは、脂身が少なめではありますが、柔らかくて良いですね。

夜の部のメニューです。


北海道バタータンメン 900円 3.3

2016年6月午後、川島町のあじとみ食堂を再訪問しました。今回は北海道バタータンメンです。

ノーマルのタンメンにバターの塊を浮かべたものですね。
ラーメンにバターは鉄板ですが、このタンメンに合っているかというと微妙でした。

ノーマルだと鶏清湯の塩ラーメンに辣油と胡椒でアクセントをつけた典型的なタンメンスープなのですが、バターが入るとマイルドになり辣油と胡椒のアクセントが消えてしまいます。

その結果味のぼやけた塩バターラーメンの様になってしまい、
ノーマルのほうがいいかなあという感じです。

まあ好みもあるとは思いますが、個人的には値段同じでもノーマルのほうがいいかな。


にぼしそば(正油) 730円 3.4

2016年11月夜、川島町のあじとみ食堂を再訪問しました。
今回は夜の部だけで味わえる、にぼしそば(正油)です。

非常に澄んだ醤油スープで、煮干しの旨味と極微かなエグミを感じる味わいスッキリです。
流石に煮干しオンリーでは味が出ないでしょうから鶏清湯なんかと組み合わせてるんだとは思いますが、本当に煮干しオンリーでとったようなスッキリクリアな出汁です。
カエシの醤油ダレも大きく主張しないさっぱりしたもので、煮干し感をダイレクトに味わえる。

麺は細麺ですが、タンメンの太麺を中細にしたような感じで、ギリギリチープ感が出ていないような感じです。あと少しでも茹で過ぎたら温かい素麺みたいでチープになりそう。

具材は豪華にも厚めのチャーシューが2枚と、ノリ、カイワレ、メンマで、水面にはネギも浮きます。カイワレはカイワレ臭が強すぎて繊細なスープの香りに影響するので要らないかな。


にぼしそば(塩) 730円 3.4

2016年12月夜、川島町のあじとみ食堂を再訪問しました。
先日に続き、にぼしそば(塩)にしました。今回は塩味の方ですね。

基本的には醤油と同じ、本当に煮干しオンリーでとったようなスッキリクリアな出汁です。
煮干しのエグミは殆ど感じず、煮干しの旨味が優しく仄かに、それでいてしっかり出ています。
カエシが醤油ではなく塩なので、より煮干しの旨味をダイレクトに感じられますが、醤油の方も醤油感は控えめでしたので大きな差はありません。
どちらもスッキリクリアな出汁感でサッパリとした味わいです。


タンメン(細麺) 730円 3.5

2017年6月午後、久しぶりに行ってきました。
いつもタンメンの野菜増しにすることが多いのですが、今日はあまり腹が減っていない。
せっかくなので野菜増しには出来ない細麺の方のタンメンにしてみました。

出てきたタンメンは、見た目はいつも同じですね。野菜増しで慣れているので野菜が軽めに感じますが、これでも普通の水準からすると大盛なんだよなあ。
シャキッとした野菜も、あっさりながらパンチのあるスープも相変わらず美味いですね。

麺は確かに細麺ですね。中細よりも細めくらいのストレート麺です。
夜のにぼしそばと同じ麺かな?

もっちりした太麺とは違って、少し固めに仕上がっていて、むしろ細麺の方がこのスープに合っている気がしました。好みはあると思いますが、私はこちらのほうが好きです。
細麺でも野菜増しにできればいいのになあ。

注文時に細麺は麺が少ないですよと確認されましたが、結果的に私はこのくらいの麺量で十分でした。というか一般的な基準で考えて特に少ないとは思いませんでした。
野菜が食べたくて通っているので、麺はこのくらいで十二分です。


チリトマトタンメン 920円 3.5

2018年6月午後、久しぶりに川島町あぢとみ食堂へ行ってきました。
夜の営業がなくなってしまってからあまり行っていませんでしたが久々です。
日曜日とはいえ15時半をまわっているのにほぼ満席と大盛況でした。

メニューにはありませんが、壁にチリトマトタンメンなるものが掲示されていたのでこれに。
出てきて見た目からして派手ですね。トマトと辛子の要素が加わった赤いスープをしています。さらに盛られた野菜とスープの上にこれでもかとオニオンチップが散らされていて、見た目がガッツリ派手です。

スープはベースのタンメンの塩味スープにトマトと辛子を加えて少し辛くなっている感じで、トマト感は酸味をガッツリ感じることもなくほんのり、辛子も見た目ほどは全然辛くない。
単純にトマトを加えた感じにとどまらない濃い旨味があり、チリように牛の旨味でも入っているんじゃないかというようなトマトと肉の煮込みのような濃い旨味があります。完全に気のせいかも知れないけど煮干し要素も加わってる?とにかくトマトと辛味が入って、ノーマルのタンメンよりも味の厚みが増しているので、かなりパンチがあります。

ノーマルのタンメン以外は野菜増しができないので、久々に見て野菜が寂しいかなと思いましたが、水面下にも沈んでいるので十分なボリュームでした。やっぱりここのは野菜が豊富なのが最大の売りですな。

ちなみに麺はノーマルの太麺です。


スタミナタンメン 920円 3.5

2018年6月午後の訪問。今回も壁掲示メニューからスタミナタンメンにしてみました。
出てきて前回のトマトとあまり変わりませんね、盛られた野菜の山に大量のオニオンチップがかかっています。

一方のスープはトマトが入っていないのでノーマルのタンメンのような色です。ただ、やや濃く濁っている感じはするかな。どのあたりがスタミナなのかと思ったら、ニンニクの粒が5個まるごと入っていました。柔らかくホクッと仕上がっていて良いです。このニンニクが入っていることで、ややスープにパンチが効いている気がします。

というよりスープが以前食べた普通のタンメンとはやはり何か違う気が。やっぱり煮干しというかイリコというか、何か魚介系が入っている?壁掲示メニュー2種がそうなのか、普通のタンメンもスープが変わったのか、はたまた前からそうだったのか分かりませんが。

麺はこちらもノーマルと同じ太麺でした。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川島町カテゴリの人気記事

コメントを残す