サブマリン@東松山市で巨大ホットドックのダイナマイト

2018年5月夕方、埼玉県東松山市のホットドック屋「サブマリン」に行ってきました。
以前はもう少し高坂駅に近い方にありましたが、2017年に現在の場所に移転しました。

お店は、鉄道駅からは遠く離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、お店とは道路を挟んだ斜め向かいにあります。

E・T 680円 3.5

以前の店舗のメニューに創業以来の定パンと書かれていたので今度はこれにしようと思っているうちに閉店してしまい、この度新たな場所で再開したので念願のETにしました。

30センチのソーセージを挟んだ巨大なホットドッグで、ケチャップ&マスタードを塗ってレタスが挟まれた実にシンプルな味付けですが、これが十分すぎるほど美味い!
パンは表面カリカリで中はフワッと仕上がっていて、ボリューミーなソーセージと合わさればこれだけで十分美味い。ケチャップマスタードはベチャッと塗られているけど味のアクセントくらいの感覚。

味のもう一つの特徴としては、上に大量のザワークラウト(ドイツのキャベツの酢漬け)が乗っていることです。やや発酵した酸味が味のアクセントになりますが、これ好き嫌い分かれる食べ物ですからなんとも。個人的には別にあってもなくてもいいかなと。ピクルスの代わりか。

ETもシンプルなお味で美味いけど、やはり以前食べたスペシャルのほうが好きかな。
そういやメニューにスペシャルがなかったけど無くなったのかな?
以前よりもメニューの種類が少ない気がする。


2018年6月夕方、東松山市のホットドック屋「サブマリン」にまた行ってきました。

ガウシャイタリアーナ 780円 3.4

今回はガウシャイタリアーナです。ハーブの入った風味があるソーセージを挟んだホットドッグで、上にはやはりザワークラウトが盛られているんですね。味付けはシンプルなトマトソース。
イタリアーナというだけあってトマトも挟まれています。前の店舗の時はイタリアーナがつかないガウシャというトマトなしのものもあった気がします。

さてそんなことより何よりソーセージが小さいのに気づきましたか?ダイナマイトを始め巨大ソーセージが挟まっているのがサブマリンのアイデンティティかと思いきや、実はこんな感じでパンからはみ出さない長さのものが標準なのです。今まではあえて巨大ソーセージが挟まったメニューを選んでいたのです。

実際このサイズでも十分で、そもそもこれパン自体が並のホットドックよりも巨大ですから、十分なボリューム感があります。ただ、せっかくサブマリンに来たなら、ぜひインパクトのある巨大ソーセージにしたいところではあります。

さて肝心のお味ですが、前回のETとほぼ変わりませんね。同じような構成で同じトマトソースですからね。いやETはケチャップだったか?ソーセージが強い香りがあるものかと思いましたが、意外と変わらないですねむしろ若干臭みがあったような気がしないでもないような。

それよりもソーセージの皮が、以前食べたダイナマイトのものと同様に非常に硬い。豚腸かなというような厚くて硬めの皮をしていて非常に噛み切りにくい。また中のお肉がエマルション化が気持ち足りない感じのやや肉肉しい感じで、これもダイナマイトのソーセージと似ているんですよね。
うーん、どうもこのタイプのソーセージは余り好きじゃないなあ。ETのほうが美味いです。

チーズDog’s 580円 3.5

こちらはチーズドッグです。こちらもソーセージははみ出さない標準サイズですね。
たっぷりととろけるチーズがかかっていて表面はバーナーで炙られています。

以前食べたスペシャルは100円違いでソーセージがはみ出すサイズでチリビーンズもかかっているのでスペシャのほうがいいかなと思いましたが、こちらはチーズのボリューム感が違う!
非常に柔らかで濃厚なとろけるチーズがたっぷりでチーズ好きにはたまりません。

まあ個人的にどちらかと言われればスペシャルのほうがより好きですが、チーズ好きならこっちがいいかも。チーズ感は圧倒的です。


以下、移転前の情報です。
2015年5月昼、東松山市のホットドック屋「サブマリン」に行ってきました。

お店は、高坂駅から徒歩20分程度の立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

お店はコンテナみたいな小さなお店で、お店の横にパラソルのついた野外席があります。
また、後ろの建物の2階にもテーブル席とカウンター席があります。

スペシャル 680円 3.7

名物である巨大なホットドックのダイナマイト目当てでしたが、この時はありませんでした。
そこで、だんとつの人気と書かれていたスペシャルを注文しました。

45センチ300グラムの巨大ソーセージの挟まれたダイナマイトだけが大きいのかと思ったら、
普通のホットドックも大きいんですね。
スペシャルも30センチはあろうかという大きなソーセージが挟まった、デッカイ一品でした。

写真だといまいちサイズ感が伝わりませんが、端から端まで30センチ近くあると思われます。
パンの部分は、かなり大きめなコッペパンのような感じです。

チリビーンズとチーズがたっぷり乗せられて、オーブンで香ばしく焼いてあります。
チーズはトロトロ、パンは香ばしく、チリビーンズは辛さ控えめで、ソーセージはプリプリ!
すばらしい味のハーモニーです。

というか、ソーセージとチリビーンズとチーズとか美味くないわけないんだよなあ。
サイズばかりに注目が行ってしまいますが、味も素晴らしすぎるホットドックでした。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。


2015年5月昼、東松山市のホットドック屋「サブマリン」に再び行ってきました。

ダイナマイト 1000円 3.3

前回食べられなかったダイナマイトを食べにやって来ました。
11時30分頃の訪問でしたが、15点限定のダイナマイトはバッチリありました。

45センチ300グラムの巨大ソーセージの挟まれたホットドックです。
写真だと全くサイズ感が伝わりませんが、とにかくでかい。
このトレイ、普通に小さめの定食が乗るお盆のようなサイズですからね。

500ミリリットルのペットボトルと比べて分かるこの巨大サイズ!

パリっと焼かれたパンに、巨大ソーセージとレタスが挟まったシンプルな構成です。
味付けは、トマトソースとマスタードのみですが、十分すぎるほど美味い!
シンプルイズベストです。ケチャップじゃなくてトマトソースなのがいいですね。

さて肝心の巨大ソーセージですが、端にかぶりつくと、アチッ!肉汁が湧き出てきました。
肉汁が溢れてきて、脂分とエマルション化していないような感じです。

ソーセージは、水分と脂分が乳化して一体となることで、
独特のプリッとした食感のお肉になりますが、
これは乳化し切れていない感じで、プリッとした食感がありません。
どちらかと言うと肉々しいポソッとした舌触りで、肉汁が滴る感じです。

正直、家庭で初めてソーセージを作った時の出来損ないソーセージを思い出しました。
前回食べたスペシャルのソーセージのほうが美味しいかな。

ただ、滴る肉汁を見ながら、これは肉汁あふれるワイルドな肉感を演出するために、
わざとこういう仕上がりにしているのかもと思いました。
この圧倒的ボリューム感と相まり、これはこれでありな気もします。

ただ、前回食べたスペシャルに挟まっているような、普通にエマルション化している、
プリッとしたソーセージとどちらが美味いかと問われれば、当然プリッとした方ですが。

まあ、なんというか、前回のスペシャルが美味すぎた。
30センチの巨大ソーセージ、パリパリに焼かれたパン、たっぷりのチーズに、
チリビーンズソースとくれば美味くないわけがない。
まさにホットドッグのトップオブトップです。

まあともあれ、このダイナマイトも十分に美味しいホットドッグです。
何よりボリュームが凄くて、全部食べたらお腹いっぱいでした。
せっかく訪れたらネタに食べてみるのもいいですが、まずはスペシャルをおすすめするかな。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県東松山市の人気記事

コメントを残す