あさきや@浦和で内藤流手打ちそば「もりそば」

2016年1月夜、浦和の蕎麦屋「あさきや」に行ってきました。

お店は、浦和駅から徒歩15分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横に4台分あります。

もりそば 690円 3.4

こちらのお店は観光地のメニューのようにユニークなものがあるようですが、
既に夕食を食べてきて食後のオヤツなのでシンプルに盛り蕎麦を注文しました。

盛り蕎麦も派手派手な2段で出てきました。
1段1段の盛りは少ないですが、2段合わせると普通のもりそばのボリュームですね。

信州の内藤流手打ちそばの流儀保持者のお店ということで、長野県繋がりか野沢菜が付きます。

蕎麦は、ファーストインプレッションでそれほど洗練された感じではないのかなと感じました。
のぺっとした薄めの色で、割りと太い切り方なので、なんかあまり美味そうに見えません。

しかし、一口くちにしてみると、けっこう蕎麦の香りがするではありませんか。
しっかりしたコシもあり、表面に蕎麦らしいザラつきも微かにあり、食べてみれば意外としっかりした蕎麦でした。

しかし、どうにもこうにもいまひとつ垢抜けない感じで、名店の蕎麦に何か一歩足りない感じがしてしまうのです。やっぱり見た目の垢ぬけなさかなあ。色と太さが合わさってどうにも洗練された蕎麦に見えない感じなんですよね。

ちなみに辛汁は甘味の殆ど無いキリッとした醤油味で、普通に鰹昆布出汁のものですね。
特別工夫は感じませんが、蕎麦を美味しくいただくには十分でした。

最後に出てきた蕎麦湯はドロっと灰色に濁っていて濃厚!
これはかなり好きなタイプの蕎麦湯でしたね。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じさいたま市浦和区の人気記事

コメントを残す