頓知房@鶴ヶ島で「中華そば」と「つけそば」

2014年8月夜、鶴ヶ島の評判の煮干しラーメンのお店に伺いました。

お店は鶴ヶ島駅前です。徒歩10秒ほどで到着です。
駐車場はありませんので、近くのコインパーキングに停めます。

18時の開店直後に伺いましたがすでに満席でした。

入り口左の券売機で食券を購入。席が空くのを待ちます。
席はL字型のカウンターのみです。

中華そば 700円 3.3

席について数分で着丼。煮干しの香りが際立ちます。

煮干しの風味が効いた醤油ラーメンですね。動物系おそらく鶏とのダブルスープですね。
醤油は角の立たない優しい味で煮干しの風味がとにかく際立つ。

なんといっても煮干し感が特徴的な醤油ラーメンです。
永福町大勝軒系のあっさりした鶏ガラ醤油に煮干を効かせたラーメンに似ていますね。

具は海苔、たっぷりのメンマ、結構なサイズのチャーシューとなっている。
チャーシューはよくあるバラ肉よりアブラ少なめで、わずかにハム感があるが、
なかなか柔らかく美味しい。

メニューです。クリックで拡大します。


2015年6月夜、頓知房を再訪問しました。
前回は中華そばを食べたので、今回はつけ麺を食べようと思います。

つけそば 800円 3.7

開店と同時に到着したため、列ばずすんなり入店出来ました。
食券を買って席につき、5分ほどで着丼です。

これは中華そば同様、煮干しの香りが際立ちますね。

スープはシャバシャバ系で、つけ麺としては粘度が低いです。

微乳化の鶏白湯に煮干を合わせてありますが、とにかく煮干し感が強いです。
鶏出汁をベースにはしていますが、前面で出てきているのは強いニボ感です。

煮干しの旨みだけでなく、エグミもしっかり出ているのですが、不快感は全くありません。
煮干しのエグみがうまいこと美味しさの一部になっているんだなあ。

煮干しの旨みのみが強烈に出ているというよりは、自然な感じでエグ味も感じ、
煮干しを丸ごとかじっているような風味を強く感じます。
しかし、それが鶏出汁の醤油スープに上手く融合していて美味い!!

中華そばは、あっさりめなので少々物足りなさを感じたのは事実ですが、
つけそばは旨味が濃く、私は「つけそば」の方がかなり好きですね。

麺は300グラムなので、結構なボリュームです。

太さはつけ麺としてはそれほど太くはありませんが、もっちりコシがあります。
全粒粉を使っているようで、写真のとおり茶色い斑点が入っています。

麺がまた美味いから、素晴らしいなあ。

メニューです。クリックで拡大します。

このレビューはブログから投稿しています。
https://www.mesiuma.com/blog/6.html

詳しい店舗情報は食べログでお調べください。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す