そば処 古民家茶屋 ほ@ときがわ町で蕎麦「もりそば」

2016年8月午後、埼玉県ときがわ町の蕎麦屋「そば処 古民家茶屋 ほ」に行ってきました。

お店は、明覚駅からは遠く離れた立地のため、車でのアクセスになります。
駐車場は、お店とは道路を挟んだ向かい側にあります。

入口には木工作業所の様な建物があり少し不安になりますが、
奥に進むとこのような古民家を利用したお店があります。

もりそば 800円 3.3

色々付いて豪華な「もりそばセット」もありますが、今回はシンプルに「もりそば」です。
蕎麦、辛汁、薬味に加えて、ちょっとした野菜のおひたし的なものが付きました。

辛汁が少し変わった感じで、なんというか醤油感が弱めでサッパリした味わいです。
出汁感も塩分濃度もしっかりしているのですが、醤油の酸味というか旨味というか何かが控えめな感じです。まあ、すっきりした味わいと後味で悪く無いですがね。

蕎麦の盛りはなかなかですね。
やたら少ない蕎麦屋とかありますが、こちらは標準以上の盛りでした。

手打ちらしい太さが歪な蕎麦で、色は薄めながら少し星も見えます。
一見なめらかに見えますが、表面はしっかりザラッとした舌触りがあり良いですね。
蕎麦も古くなってくる夏の時期ですが、蕎麦の香りも強くはないものの感じます。

ただ、コシは弱めですね。温かい蕎麦のように全くクシャクシャというわけではないのですが、ちょっとだけコシが弱めです。
少しだけ茹で過ぎで、締める水が少しぬるかったような感じでした。
蕎麦自体も少しだけぬるくて締めきれていない感じがあります。
真夏なので締めるための水自体がぬるかったのかも知れませんね。

コリッとした強いコシが感じられないので、良くも悪くも洗練された蕎麦という感じではありませんでした。
洗練された名店の蕎麦というより、田舎の農家の家庭で打った蕎麦という感じですね。
秋冬はまた違った感じかもしれませんが。

ちなみに蕎麦湯は、変にそば粉を足したようなドロっとしたものではなく、
サラッとしていますが少し白く濁っていて良かったです。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県の人気記事

コメントを残す