そば処 くり@東松山市で蕎麦「ミニ天丼定食(十割そば)」

2016年12月夜、埼玉県東松山市の蕎麦屋「そば処 くり」に行ってきました。

お店は、東松山駅から徒歩25分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

ミニ天丼定食 900円 + 十割そばに変更 100円 3.3

盛り蕎麦に、ミニ天丼、煮物、漬物、汁物が付くというミニ天丼定食にしました。
今日日これだけ付いて900円は安いなあと思ったら、煮物じゃなくてマカロニサラダだった。

マカロニサラダはマヨネーズにオリーブオイルを合わせてある変わったもので、オリーブオイルの風味が変わっていてなかなか良いです。
漬物も柚子皮が入っていて香りもよく、塩加減もGOODです。
吸い物は舞茸の香りが強く、なかなか良いですね。

ミニ天丼は本当にミニサイズで、お茶碗軽く1杯分のご飯が盛られ、小エビ2本、シシトウ、ナス、カボチャ天が乗ります。
天ぷらは特別感はありませんが、まあそこそこかなという感じですが、味が微妙?

濃い舞茸の香りが出ている吸い物を飲んでから食べたので一口目は特に違和感がありましたが、なんか不思議な感じの味に感じました。
病み上がりで舌がおかしかった可能性もありますが、なんか違和感があった。

さてメインの盛り蕎麦ですが、通常は二八ですが+100円で十割そばに変更できるという。
まだまだ新蕎麦の季節なのでせっかくなら香りを楽しみたいので変更してもらいました。

特に星などは見えずに、挽き方も粗すぎず細かすぎずの一般的な細打ちのお蕎麦です。
大きな特徴のないこれぞ蕎麦というビジュアルですが、なかなか美しく期待が高まります。

ザラザラと荒い舌触りではありませんが、滑らか過ぎずキチンと蕎麦らしいです。
キュッと冷水で締められていて、コリッと固すぎずモッチリ柔らかすぎず、丁度よい塩梅のコシです。舌触りやコシは、非常にレベルが高い洗練された二八蕎麦みたいでした。

そして肝心の香りは、さすがに十割だけあって、しっかりした蕎麦の風味があります。
病み上がりで鼻が全快ではないので啜って香りを感じることはありませんが、鼻から息を吐くとしっかりした蕎麦の香りが鼻腔に抜けます。

これ蕎麦はかなりしっかりしていますね。しっかりしたお蕎麦屋さんの蕎麦です。
しかし、辛汁がどうも微妙だなあ。美味い不味いというよりなんか違和感がある。
初め蕎麦猪口に注いだ時は、酒みりん砂糖と控えめな醤油で作った味の薄い割り下みたいだなあと思ったものの、2回目に注いだ時は鰹出汁と醤油感が濃く塩分濃度も高かった。なんか纏まりがなく分離しているかのようで違和感があった。病み上がりで舌がおかしかったのかな?

蕎麦湯が出てきて、注いでみると真っ透明でしたが、底に白い層が沈殿していたのでかき混ぜると白濁した蕎麦湯になりました。

しかし、なんか不味い。妙な違和感がある。若干カルキ臭いような、水がまずいのかな。
あと、古くなって臭くなったような違和感がある。1日中同じ湯で茹でた古い湯みたいな印象。

蕎麦自体はなかなかレベルが高く、辛汁やサイドメニューも蕎麦並みだったらかなりレベル高い気がするのですが、どうも全体的に妙な違和感があります。
別に美味しくないとかそういうことではないのですが、なんか違和感なんだなあ。
蕎麦がなかなか美味しいだけにもったいない。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県東松山市の人気記事

コメントを残す