US・6 @東松山市でUS6ステーキランチ

2017年1月昼、埼玉県東松山市のステーキ屋「US・6」に行ってきました。

お店は、森林公園駅から徒歩11分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

US6ステーキランチ 200g 1382円 3.5

ディナーでライスセットを付けると一番安いステーキでも2000円前後しますが、ランチは全メニューにスープ、サラダ、ライスが付いているので大変お得です。
一番お手頃なUS6ステーキランチにしました。
1000円少々で楽しめる150グラムもありますが、150gでは少々寂しいので200グラムに。

まずはスープとサラダが運ばれてきます。
スープは豆乳のコーンポタージュかオニオンスープから選べましたので前者にしました。
特に豆乳っぽいクセはない、塩分がしっかり効いた普通に美味しいコーンスープでした。

サラダも千切りキャベツに千切りの大根と人参が乗り、ごまドレッシングがかかったもので、必要十分です。

サラダとスープをつついているうちにステーキとライスが登場!
ライスは大盛り無料であるだけではなく、ガーリックライスのハーフ&ハーフも無料です。
ハーフ&ハーフで大盛りでお願いしました。普通のライスでおかわりも出来ます。

タレは特製オニオンソースとガーリックスースがあります。オニオンは細かいタマネギの入った少し酸味もある醤油ベースで、ガーリックは同じ醤油ベースながら甘みの強いガーリックがたっぷり入ったソースです。どちらもかなり美味いんじゃないでしょうか。

ステーキは薄めの部分と厚めの部分がありますが、厚いところは結構厚めです。
下手をすればファミレスよりも安いステーキですので、それほど期待はしていませんでしたが、アメリカンな赤身ながらも柔らかくナイフですっと切れます。
それでいて不自然な柔らか加工も感じず非常に良い感じです。
流石に何らかの加工はしているでしょうが、わざとらしい違和感を感じさせないのが良いです。
また、微かに肉臭さを感じる瞬間もありますが、不快な臭みなどを感じさせません。

焼き方はミディアムレアがおすすめということでお願いしましたが、やはり牛肉はこのくらいが美味いですね。赤身肉は焼きすぎると確実に固くなりますからね。
非常に良い塩梅の焼き方で、赤身主体の肉なのに本当にしっとり柔らかい。

変に霜降りなブランド和牛よりも、こういう赤身でアメリカンなステーキのほうが好きだなあ。
ただ赤身なんじゃなくて赤身なのに柔らかく、かつ柔らか加工やインジェクションなどが感じられない違和感がないステーキ、これがこの値段で食べられるのが嬉しい!


ROCKステーキランチ 200g 1382円 3.5

2017年6月昼、東松山市のUS・6へ再び行ってきました。今回も平日ランチ限定のROCKステーキランチにしました。いわゆるサイコロステーキですね。

まずは、前回同様サラダとスープが運ばれてきました。
今回はスープは特に選択はなくオニオンスープが自動的に出てきました。醤油味のコンソメ系のスープで柔らかなタマネギもたっぷり入っていてそつなく美味いです。

サラダは前回と同じキャベツ、大根、人参の胡麻ドレッシングのサラダでした。

スープを飲みきらない内にステーキが登場!ライスは今回もハーフ&ハーフで大盛り!
サイコロといっても形成肉じゃなくて切れ端ですので、しっかりしたステーキです。
前回と同じ200グラムのはずですが、サイコロでかさばるからか多めに見えます。

アメリカンビーフの赤身肉ですが、相変わらず柔らかで美味いです。
前回同様ミディアムレアで頼みましたが、塊の肉に比べると少し余分に火が入りがちです。
それでもミディアムくらいの焼き具合で十分美味いです。

グラム値段共に同じなので、塊のほうがステーキっぽい気もしますが、これはこれでナイフで切らなくても食べられるので食べやすいですね。クオリティは大きくは違いません。
相変わらずこの値段で食べられるステーキとしては十二分に満足できるものでした。


テンダーロインカットステーキ 250g 2160円 3.5

2017年11月昼、東松山市のUS・6へ再び行ってきました。
今回は数量限定として出ていたテンダーロインのカットステーキのランチにしました。
夜だとテンダーロインステーキは250グラムの塊で5000円ちょいします。ライス等つければ5500円超えに。アメリカンビーフでこの値段のステーキはかなり強気な値段設定だなと思いますが、この限定のランチなら同じグラム数で2160円と大幅にリーズナブルです。
そのかわり小間切れのカットステーキですがね。

まず運ばれてくるスープとサラダは前回と全く同じものでした。
これをつつきつつステーキを待っていると、程なくしてステーキとライスが登場!
ライスはいつも通り無料でガーリックライスとハーフにも出来ましたが、今回は肉が250グラムで白飯をガッツリ行きたいので全部白飯にしました。

250グラムあると流石になかなかのボリューム感ですね。
カットステーキでゴロゴロしているので余計にボリューミーに見えます。

どうせ切って食べるのでカットステーキで全く問題ありませんが、唯一の問題は火が入りすぎてしまいがちなところです。ミディアムレアでお願いしましたが、口にする頃にはミディアムとウェルダンの間くらいになっていました。それでも固さは全くなく非常に柔らかです。

テンダーロインということでヒレ系の肉質で、脂っ気のない上品で柔らかな肉質です。
もう少しミディアムレアに近かったらより柔らかでうまかっただろうなあ。

まあしかし端肉を使うカットステーキだからこその値段ですからね。5000円超えならもっとずっと良いステーキを食べられるので、流石に夜に塊で頼むことはないかな。
やはり普通のランチステーキが一番うまくてコスパ良いね。

US・6 店舗情報

食べログ → US・6

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県東松山市の人気記事

コメントを残す