支那そば心麺@北本市で白メンマの醤油ラーメン&塩ラーメン

2017年6月昼、埼玉県北本市のラーメン屋「支那そば心麺」に行ってきました。

お店は、北本駅から徒歩8分ほどの立地です。
駐車場は、お店の裏に10台前後と、その向かい側にも3台分あります。

白メンマの醤油ラーメン 930円 3.4

オススメと書かれていた白メンマをトッピングしたラーメンにしました。うっかり醤油ラーメンにしてしまいまいましたが、なんか塩ラーメンの方が人気みたいですね。次は塩だな。

ちなみに右の小皿は醤油系のラーメンに付いてくる揚げネギで、最後にスープを注いで頂きます。揚げネギの香ばしさと甘みを旨味の凝縮したスープで頂く贅沢なおまけです。

さてラーメンですが、いかにも支那そばといった風貌の一杯ですね。上に1枚乗っている薄い茶色いのが普通のメンマで、下に散らばっている色白で太いのが白メンマです。
なんとなく柔らかい穂先的なメンマを想像していましたが、しっかりゴリゴリの食感のあるメンマらしいものでした。違いは味付けの薄さで、普通の茶色い方は醤油味の目立つ濃いめのものですが、白メンマは薄口醤油で上品に薄く味付けしたような感じで、旨味が強いけど薄味という感じで確かに美味いメンマだ!

その他、チャーシュー、海苔、ネギもトッピングされています。チャーシューはホロホロに柔らかなチャーシューで大変美味しかったです。

極めてシンプルな鶏清湯のラーメンで澄んだ醤油スープをしています。
塩ラーメンは本宮鳥骨鶏のスープ、この醤油ラーメンは名古屋コーチンのスープだそうです。

スープを飲むと輪郭のボヤけていないしっかりとした醤油の味がして、鶏出汁もシンプルながら力強さがあります。結構ツーンとした風味があるんですが、これは醤油が尖ったものだからでしょうか。あるいは名古屋コーチンの出汁由来のものなのか。
この軽い酸味のような軽くツーンとした感じ個人的にはあまり好きではありません。
しかし、それでもスープが美味しいと感じたのはやはり全体の完成度が高いからなのでしょう。
あっさりしたシンプルな鶏清湯スープに醤油ダレなのにチープな感じが全くしません。

麺は中細ストレート麺で、まさに支那そばという感じのシンプルな麺です。
割りと柔らかさもあるニュロンとした麺ですが、もっちりとしたコシもあり、結構いい感じ!
なんだろう伸びコシがあるというか、固茹でではないのに妙にしっかり感がある麺でした。
アッサリの鶏清湯の醤油スープにも非常に良く合っていて、この麺結構好きかも!


塩ラーメン 830円 3.6

2017年6月昼、再び北本市の「支那そば心麺」に行ってきました。
今回は、前回間違えて食べられなかった塩ラーメンです。

こちらも透き通った鶏清湯のラーメンで、塩ダレなので黄金色に輝く淡麗な一杯です!

スープを一口飲んで濃い鶏の旨味を感じます。
あっさりでクリアな清湯スープですが本宮鳥骨鶏の出汁が非常にしっかり出ています。

前回の醤油は、名古屋コーチンの出汁感よりも、ツーンと主張する醤油の風味が目立ち醤油が主役感がありましたが、塩ラーメンは鶏出汁が主役です。
塩ダレもジャンキーに塩分濃度が高すぎるわけでもありませんが、無駄に意識高く低すぎるわけでもありません。割りとしっかり塩味がしますが、それを跳ね返すくらい出汁感が濃いのです。
これ烏骨鶏の出汁の他にエビとかも入っているのかな?非常に厚い旨味があります。

うーん、これは明らかに塩のほうが美味いな。好みもあるけど初めてなら塩でしょうな。

麺は前回の醤油同様に中細ストレート、いやむしろ細麺かな。
前回は妙に伸びコシがあるような、コシがしっかりしているものの柔らかな麺でしたが、今回は気持ち硬めに茹でられた細麺という感じでした。鶏出汁の塩スープに非常に良く合っています。

具は、チャーシュー、青菜、メンマ、非常に細かい刻みタマネギです。
チャーシューがホロホロに柔らかく相変わらず美味い!

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県北本市の人気記事

コメントを残す