狼煙 大宮店で「辛つけめん」

2018年10月夕方、大宮のラーメン屋「狼煙 大宮店」に行ってきました。

お店は、大宮駅東口から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

16時過ぎという中途半端な時間ですがちらほら先客もいました。16時半から休みがありとのことですが、この日は普通に通し営業の様子でした。
入口入って左手の券売機で食券を購入してからカウンター席に着きました。

辛つけめん 中 890円 3.6

普通のつけ麺は以前に狼煙 本店で食べた事があるので、今回は辛つけ麺にしました。
と思ったら、辛味は別添えなのね。普通のつけ麺に別添えの辛子が出てくる感じでした。
まずは普通に辛味無しで頂いて、途中から辛味を追加していただきました。

麺は並の200グラムと中の300グラムが値段同じなので当然300グラムの中にしました。
300グラムにしてはやや軽めな感じもしますが、腹が減っていたのと美味かったこともあり、そう感じたのかも。あっという間にペロリでした。

太すぎない太麺で、若干コリッと感あるくらい固めにキュッと締められています。
歯ごたえ良く美味いですね。粘度抜群のつけ汁にもよく絡みます。

こちらがつけ汁です。非常にオーソドックスな乳化動物+魚介のダブルスープです。
まずはそのままいただきましたが、相変わらず完成度が高いです。
あまりにオーソドックスな、乳化動物に鯖や鰹節を合わせた醤油ダレのスープなんですが、バランスと言うかとにかく完成度が高い。
粘土が高く麺にドロっと絡みつくんですが、しょっぱすぎることもなく味のバランスが良い。

変にツーンと鰹が目立つ感じではなく、鯖?みたいなじんわりと魚介の旨味をマイルドに濃厚に感じられる魚介感なのです。以前は鯖な印象が強かったのですが、今回は上品な鰹感も感じた気がしました。

1/3位そのまま食べてしまいましたが、辛味を加えないと辛つけめんにした意味がないので、辛味を投入!
全部投入したらこんな色になりました。激辛とかでは全くありませんが、割としっかりした辛さになりますので、少しずつ加えて調整したほうが良いかも。

味自体はあまり変わらないのですが、辛味が入ると意識が辛さに向きがちなので、じっくりと味わうには辛味は無いほうがいいかな。辛いのも美味いんだけど、個人的にはノーマルのほうが好きです。

最後に卓上のポットのスープで割ってスープ割りにしましたが、スープを飲む時のほうがよりハッキリと辛味を実感しますね。
美味いスープなので最後の一滴まで堪能しました。よく見たら、つけ汁にはネギだけでなく刻みタマネギや柚子皮も入っていたのね。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!


埼玉県の人気記事

コメントを残す