鮨処 結 すしの葵@川越市でランチ「日替りおまかせ海鮮丼」

2019年1月昼、埼玉県川越市の寿司屋「鮨処 結 すしの葵」に行ってきました。

お店は、川越市駅から徒歩25分ほどの立地です。
駐車場は、お店の斜め向かいにあります。

ランチ 日替りおまかせ海鮮丼 1070円 3.5

1080円のランチにぎり、人気だという穴子丼なんかも気になりますが、無難におまかせ海鮮丼にしました。ご飯は大盛りも無料だそうですがとりあえず普通で。

海鮮丼自体は思ったよりも軽めな印象ですが、茶碗蒸し、汁物、デザートまで付いてきて1000円ランチとしては結構豪華じゃないですか。

今日はカンパチで出汁を取った吸い物ですということで、汁物からいってみましたがこれが美味い!
なんというか魚の出汁と塩味というシンプルな味ながら、これでもう完成してしまっています。カンパチの旨味がこれでもかと凝縮されていて最高です。結構塩気もしっかりしていて、透明に澄んだ汁ながら味に力があります。

茶碗蒸しもフルフルに仕上がっていて、魚介系の独特な風味の出汁を感じます。
これまた美味いですね。汁物と茶碗蒸しがかなりのクオリティだったので海鮮丼に期待が高まります。

ちなみにデザートは薄いあんこ汁を葛かなんかで固めたような和風のゼリーという感じでした。
これまたセンスが良い美味さ!

肝心の海鮮丼ですが、やや軽めの印象で、マグロ2切れ、カンパチ、サーモン、タコ、ホタテ、甘エビ2本、ネギトロという構成です、面積の2/5くらいは卵焼き2切れに生姜にきゅうりが盛られていて、海鮮はやや軽めの印象。ご飯は普通盛りで丁度よかったなという感じです。

カンパチはハリがあり、サーモンも瑞々しく柔らか、タコもボイルではなく食感良しです。甘エビやホタテも甘みがあり良い感じですね。
全体的に飛び抜けたネタはないものの、どれも水準以上のクオリティで安心して美味しくいただける、しっかりしたお寿司屋さんのクオリティです。

ただ、主役のマグロがなんともイマイチでした。どうも食感がややコワコワしている感じで、冷凍焼けか解凍失敗みたいな印象でした。ネギトロの方は普通に美味かったですけどね。

酢飯も尖っていないほんのりした感じで程よく、全体的にネタも満足のレベルだったのですが、やや軽めな印象とマグロのイマイチ感で、どうもものすごく美味いという印象までは受けませんでした。海鮮丼よりも吸い物と茶碗蒸し素晴らしさのほうが印象に残りました。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す