鮨処 結 すしの葵@川越市でランチ「日替りおまかせ海鮮丼」

2019年1月昼、埼玉県川越市の寿司屋「鮨処 結 すしの葵」に行ってきました。

お店は、川越市駅から徒歩25分ほどの立地です。
駐車場は、お店の斜め向かいにあります。

ランチ 日替りおまかせ海鮮丼 1070円 3.5

1080円のランチにぎり、人気だという穴子丼なんかも気になりますが、無難におまかせ海鮮丼にしました。ご飯は大盛りも無料だそうですがとりあえず普通で。

海鮮丼自体は思ったよりも軽めな印象ですが、茶碗蒸し、汁物、デザートまで付いてきて1000円ランチとしては結構豪華じゃないですか。

今日はカンパチで出汁を取った吸い物ですということで、汁物からいってみましたがこれが美味い!
なんというか魚の出汁と塩味というシンプルな味ながら、これでもう完成してしまっています。カンパチの旨味がこれでもかと凝縮されていて最高です。結構塩気もしっかりしていて、透明に澄んだ汁ながら味に力があります。

茶碗蒸しもフルフルに仕上がっていて、魚介系の独特な風味の出汁を感じます。
これまた美味いですね。汁物と茶碗蒸しがかなりのクオリティだったので海鮮丼に期待が高まります。

ちなみにデザートは薄いあんこ汁を葛かなんかで固めたような和風のゼリーという感じでした。
これまたセンスが良い美味さ!

肝心の海鮮丼ですが、やや軽めの印象で、マグロ2切れ、カンパチ、サーモン、タコ、ホタテ、甘エビ2本、ネギトロという構成です、面積の2/5くらいは卵焼き2切れに生姜にきゅうりが盛られていて、海鮮はやや軽めの印象。ご飯は普通盛りで丁度よかったなという感じです。

カンパチはハリがあり、サーモンも瑞々しく柔らか、タコもボイルではなく食感良しです。甘エビやホタテも甘みがあり良い感じですね。
全体的に飛び抜けたネタはないものの、どれも水準以上のクオリティで安心して美味しくいただける、しっかりしたお寿司屋さんのクオリティです。

ただ、主役のマグロがなんともイマイチでした。どうも食感がややコワコワしている感じで、冷凍焼けか解凍失敗みたいな印象でした。ネギトロの方は普通に美味かったですけどね。

酢飯も尖っていないほんのりした感じで程よく、全体的にネタも満足のレベルだったのですが、やや軽めな印象とマグロのイマイチ感で、どうもものすごく美味いという印象までは受けませんでした。海鮮丼よりも吸い物と茶碗蒸し素晴らしさのほうが印象に残りました。


マグロ中落ち丼 1090円 3.6

2019年10月昼の訪問。今回は、鮪の中落ち丼にしました。
まずは中落ち丼と汁物が運ばれてきて、後から茶碗蒸しが出てきました。

本日の汁物は、キンメと真鯛で出汁を取ったというもので、これまた素晴らしい魚の出汁です。
前回のカンパチほどガッツリした感じではありませんが、ほんのり淡い上品な出汁で大変美味!

今回もご飯は普通盛りでお願いしましたが、結構ボリュームありましたね。
中落ちもたっぷり乗っていて、なかなかボリューム感がありました。

中落ちというだけあって赤身の切り身みたいなしっかりした部分と、すき身のような部分が絡み合っていて、これがなんとも美味いのです。

変に整った切り身よりも、美味しい部分を骨からこそぎ落としたような、すき身のマグロって好きだなあ。
ハリがあって瑞々しく、申し分ないクオリティのマグロでした。

酢飯も、やや甘めで、酢の尖りがない優しいもので、美味しいです。

変に色々盛り込もうとした海鮮丼よりも、1点勝負のマグロ丼のほうが満足度高いな。

茶碗蒸しは、ものすごく柔らかでフルフルですね。口ですっと溶ける、まるで出汁を飲んでいるかのような仕上がり。

ブリみたいな赤身系の旨味の魚の出汁が効いているような印象です。とにかく魚の出汁がガツンと効いているので、素晴らしく美味いです。

今回のデザートは、バニラ風味のババロアみたいなものに、きな粉と蜜がかかったものでした。


サーモン三昧丼 1100円 3.4

2019年12月昼の訪問。今回は、期間限定だというサーモン三昧丼にしました。
漬けサーモン、炙りサーモン、生サーモンの3種類が乗っています。
今回は卵焼きなどは乗っておらず、全面がサーモンで埋め尽くされていて、非常に豪華です。

サイドは前と同じで、汁物と茶碗蒸しですね。

茶碗蒸しが一見カサカサに見えましたが、スプーンを入れると出汁が湧き出し、食べてみると瑞々しくフルフルです。魚の出汁感が強い茶碗蒸しで、これ本当に美味いです。

汁物の方も、相変わらず濃い魚の出汁が香り、今回は生のりも投入されているので、旨味溢れて出汁感濃過ぎとすら思えるほどでした。

この汁物と茶碗蒸しは本当にすごいわ。正直毎回メインの丼よりもこちらが楽しみ!

ちなみに最後にデザートが出てきて、本日は豆乳プリンみたいなものでした。
こちらも上品に仕上がっていて、大変美味でした!

肝心のサーモン三昧丼ですが、クオリティ的には今までで一番普通だったかな。
たっぷり乗っているのは大変良いのですが、刺身のクオリティが最高とまではいきませんでした。

全然うまいんですけど、今ひとつハリがない感じでした。
すごく柔らかで崩れるような身というか、冷解凍の問題で細胞膜壊れて柔らかくなった感じでした。

全然問題なく美味しく食べられるのですが、すごく良かったとも思えない感じです。

あと漬けと生の違いがあまり感じられませんでした。前述の理由で生サーモンも漬けのような感じの食感になっているのよね。あまりハリのある生という感じが無い。
あと、漬けは漬けで味が薄い感じで、どちらがどちらか分からなかったです。

炙りは片面の一部のみ熱を加えてあり、火を通した鮭の風味を漂わせつつも、しっかり刺身でなかなか良かった。

鮨処 結 店舗情報

Retty → 鮨処 結

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県川越市の人気記事

コメントを残す