花笑み中華そば かれん@川越市 上福岡でラーメン「白醤油そば」

2019年1月夜、埼玉県川越市のラーメン屋「花笑み中華そば かれん」に行ってきました。

お店は、上福岡駅から徒歩9分ほどの立地です。
駐車場は、お店の目の前の道を北北西に100メートルほど進んだ右手の駐車場の中に3台分ありました。

白醤油そば 800円 3.8

醤油そば、塩そば、白醤油そば、まぜそば、味噌そばとありますが、なんとなく気になった白醤油そばにしました。
出てきて非常にクリアに澄んだスープで、これ絶対うまいやつだと感じるビジュアルです。

スープを飲んでほんのり魚介の旨味が香ります。予想通り白醤油のカエシは非常に優しく出汁を邪魔しません。なんとも言えない雑味のないクリアでほんのり優しい出汁で素晴らしいです。

これなんの旨味かな絶対にどこかで食べたことある味だ。良い和食屋で出てくる尖ったところのない一番出汁というか、懐石料理屋の全く尖りのないほんのりした薄味の鰹出汁のような、本当にほんのりしているんだけどものすごくしっかりした旨味があるスープなんです。

とにかくどこまでもスッキリクリアでほんのりでありながら、非常に厚みがあり奥深い味がするスープです。こりゃ美味いわ!

麺は中細ストレートの麺で、星も見えるなかなかビジュアルの良いものです。際立って低加水であったり硬めに仕上がっているなどではなく、割とオーソドックスな食感です。

具は、ロース系のシャーシュー、穂先メンマ、海苔、あられ、ネギです。特製ではなくノーマルですが結構具だくさんですね。
チャーシューは低温調理という感じではなくしっかり熱変性したものですが、赤身肉中心の割に非常に柔らかで美味いです。メンマは穂先にしては割と歯ごたえがある感じですね。
アラレと海苔はオシャレですが、繊細なスープを濁らせてしまう諸刃の剣です。


まぜそば300g 800円 3.5

2019年2月夜、上福岡の「花笑み中華そば かれん」に再び行ってきました。
前回はラーメンだったので今回はまぜそばにしてみました。

なんでも近くのラーメン屋「そら」の麺が限定で入荷しているということで、普段通りのモチモチ麺か、そらの極太麺が選べるということでしたので、そら麺の方にしました。
麺量を300グラムにしましたがさすがのボリュームですね。しっかり300グラムという感じでボリューミーです。
やや平打、やや歪な感じの太麺で、二郎系ラーメンという感じですね。極太というほど太くないかな。

まぜそば・油そばというと、底の方に脂とタレまたは汁が少し入っていて、具材と混ぜてからいただくイメージですが、こちらは麺にタレがはじめから絡めてあって、混ぜなくても食べられます。その分、途中で色々な具材と絡めて味変しながら楽しめるのでいいですね。

その具材も、刻みチャーシュー、もみ海苔、鰹節、魚粉、青ネギ、白髪ねぎ、卵黄とクセがないものばかりなので、変に味がドギツイ感じに変わらなくて良いです。まぜそばでマヨネーズとか最初から混ぜてしまうと悲惨な味になりますからね。

肝心のお味ですが、豚の脂の甘味にやや甘の醤油ダレという感じの、割とオーソドックスなまぜそばのお味です。前回の白醤油そばがかなり洗練されていたイメージだったので、まぜそばが割とガッツリしたゴリゴリの濃厚ジャンキーなお味だったのは意外でした。
ジャンキー系とはいえ、やはり洗練はされていて変にギトギトでドギツクはなく、食べやすい上品仕様にはなっています。ただラーメンの印象とは180度違いますよね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す